オンライン英会話のメリット・デメリットやレッスン内容、講師の選び方、上手な活用法を取り上げたオンライン英会話の総合比較サイトです。

オンライン英会話ガイド

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話とは

更新日:

産経オンライン英会話とは

今回は、産経オンライン英会話を取り上げます。産経オンライン英会話は、大手企業による運営母体に加え、国内同種のサービスで初の教育ISO認証を取得しており、極めて高品質な英会話レッスンを月々の月額料金で受けられる安心・安全なオンライン英会話です。

産経オンライン英会話の特徴

は、産経新聞系列の株式会社産経デジタル、教育事業ヒューマンアカデミーで知られるヒューマンホールディングス株式会社、コールセンターなどITアウトソーシングのトランスコスモス株式会社という、大手企業3社による共同事業です。

国内のオンライン英会話サービスでは初めて、教育ISO認証を取得(ISO29990:2010/ISO29991:2014の2つ取得)してます。これは、講師、カリキュラム、サービスの全てにおいて、外部機関による定期的な審査/認証を受けていることを意味します。

は1レッスン/25分であり、月々の税込料金でも1日1回(25分)5,980円、1日2回(50分)9,800円、金・土・日(50分)5,980円という月額料金プランで、入学金や教材費はかかりません。朝5時から深夜25時まで開講しており、いつでもどこでも気軽に受けられます。

得意分野や趣味といったプロフィールを見ながら講師を選び、Skypeを経由してレッスンを終えたら、全てのレッスンで24時間以内に講師からの「レッスンレポート」が届きます。

産経オンライン英会話のレッスン

は、月々の月額料金だけで、ビジネス英会話、日常英会話、学校教科書準拠コース、職業別英会話、TOEIC、フリートークレッスン、ニュースディスカッション、GCATなど、あらゆるカリキュラムや教材を追加料金無しで自由に受講できます。

教材に関しては、約1,200種のレベル別・目的別オリジナルテキストが無料で利用可能です。中級までのテキストは、初心者でも安心の日本語訳併記。「発音自習教材」という、ネイティブスピーカーによる音声ファイルも追加料金なしで利用できます。

なら、自分に適したレベルや教材がわからない方は、事前に相談することもできます。また、GCATとは産経オンライン英会話が独自開発したレベルチェックテストであり、オンライン英会話のレッスンによる到達度を測ることができます。

更に産経オンライン英会話なら、フリートークレッスンを選ぶことで、自分で持ち込んだネット上の題材を使って会話したり、予め作成した英作文のチェック、ニュース記事を説明してもらう、英語面接の練習といった自由なレッスンのリクエストも可能です。

→に行きます。

スポンサーリンク

-産経オンライン英会話

スポンサーリンク

Copyright© オンライン英会話ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.