オンライン英会話のTwitter活用法

2017年1月17日

オンライン英会話では、公式のTwitterアカウントを開設している場合が多く、各社ともセミナーや交流会などのイベントや英会話に関する英語情報を随時提供しています。こうした情報を活用することは、英語学習のモチベーションの維持につながります。

ひとりで受講することが基本のオンライン英会話ですが、Twitterを活用することで、さまざまな受講生と繋がったり、英語学習に関する有益な情報を得ることも可能です。ここでは、こうしたTwitterの活用方法を取り上げていきます。

オンライン英会話は基本的にひとり

オンライン英会話は、マンツーマンであれグループレッスンであれ、自宅など自分がレッスンを受講している場所には、もともとひとりしかいないのが普通です。

「何を当たり前のことを言うのか」と思われるかもしれませんが、これが実際にオンライン英会話を受講してみて、レッスンが楽しければ楽しいほど、授業終了後の反動は大きく、実際にここにいるのは自分ひとりだということを実感すると思います。

もちろん、オンライン英会話はひとりで受講するのが基本ですから、特にマンツーマンレッスンなら、レッスン時間をすべて自分の学習量にあてることができます。また、他のひとに知られること無く、自由に受講できるのがオンライン英会話のメリットです、

人目を気にするような方であれば、通学制の英会話スクールではなく、マンツーマンレッスンが主流のオンライン英会話から自分が気に入ったサービスを選ぶことは、じっくりと自分の英語学習を進めることが出来るうえで最適な選択といえます。

ただ、通学制の英会話スクールのように、他の受講生と顔を合わせる機会が無く、他の受講生がどういう感じなのか分かりにくいのも、オンライン英会話の特徴です。

自分のレッスン内容や進め方で良いのかとか、なかなか上達しなかったり、うまく言い出せないことが多かったときに、これは自分だけなのだろうかなど、ひとりでオンライン英会話を受講していると、他の受講生のやり方が参考にしにくい面はあります。

また、学校教育や通学制の英会話スクールのように、他の生徒や受講生と交流を深めたり、良き同志でもありライバルとして、互いに参考にしあって教材の活用やレッスン内容の進め方に活かすといった機会が無いのもオンライン英会話です。

特に、講師の選び方や授業を受ける姿勢にしても、受講生の間では、さまざまな考え方があると思います。オンライン英会話は、ひとりで受講することが基本のレッスン形態ですが、自分に都合の良い受け方ばかりしていては、学習効果も低減してしまいます。

これは意外ですが、オンライン英会話を挫折してしまう要因として多く見られる点だと思います。やはり受講生どうしの関わりは、刺激を受けたり新たな発見を感じ取って、英語学習の向上に活かしたり、英会話への意欲を継続させる流れにつながります。

こうした点はオンライン英会話各社も意識しており、受講生どうしの交流会や英語学習会、人気講師や著名人を招いたトークイベント、英語学習のヒントやタイムリーな英語表現など、Twitterアカウントを開設して情報提供しています。

オンライン英会話でTwitterを活用しよう

Twitterは、オンライン英会話が開設しているアカウントで、タイムリーな英語表現のコツや、各社が実施している交流会、トークイベントなどの開催情報が提供されます。さまざまなイベントに参加することで、英語学習に得るものも大きいといえます。

また、オンライン英会話の受講生でも、ご自身でTwitterアカウントを持って、受講回数やレッスンの内容、講師の印象など、参考になる学習情報をつぶやいている方がたくさんおられます。他の受講生の受講や学習の様子を知る上で、とても参考になります。

もちろん、自分でTwitterアカウントを開設し、自分はこういった感じで受講しているのだがこれで良いのだろうかといった気持ちや、印象に残った良いレッスンや講師の感想を書き込んでいくのも良いでしょう。

このようにTwitterを続けていると、他の方々とつながったり、自分のアカウントにも反応が来るなどして、オンライン英会話の受講生どうしでも交流することが出来ます。

Twitterは他のひととつながりやすいSNSです。法令遵守やプライバシーへの配慮などを守れば、非常に優れたコミュニケーションツールといえます。人気が高い受講生のTwitterを参考にするなどして、マナーを守って正しく使えば楽しい交流が広がります。

もちろん、こうしたことを全く行わず、オンライン英会話のレッスンに集中し、自分ひとりで英語学習に集中することもできます。受講生との交流といっても、Twitterなどネット上のやり取りにとどめる方もいれば、交流会など各種イベントに積極的に参加して、オンラインからオフラインの付き合いに幅を広げることもできます。

当然ながら、オンライン英会話のイベントへの参加は任意です。自分がオンライン英会話に対して、どういうスタンスで向き合っていくかは、受講生各自の考え方があって良いと思います。自分に合ったやり方で、非常に柔軟に使えるのがオンライン英会話です。

オンライン英会話の受講生のなかには、Twitterでやり取りした方と、交流会で会うという方もおられます。レッスン以外に英語を使う機会がなかなか無い方にも、受講生どうしの交流は、英会話を上達させようという大きな動機づけにつながります。

Twitterからのつながりは適度に

Twitterを通じてオンライン英会話の受講生どうしが繋がることは、英語学習やレッスンを進める上で参考になることが多く、英会話を続けようというモチベーションの維持にもつながります。ただ、あまりむやみやたらと交流に深入りするのも考えものです。

DMM英会話では、Twitterやブログで、TOEICスコアアップ、ネイティブのように話す、ビジネス英語の習得、英語学習のコツやモチベーションの維持など、さまざまなヒントやノウハウに関する情報を公開して更新しています。

その一方、ネイティブ講師による特別講座、受講経験がある著名人を招いたトークイベント、人気講師が参加して受講生どうしで軽食などを交えた交流会、受講生のスピーチ&パーティ・イベント、オックスフォード大学出版局を招いた親子向け英会話イベントなど、受講生どうしが英語で交流できるさまざまなイベントを開催しています。

レアジョブでは、自分が開設したTwitterアカウントで、レッスンの受講回数と累計のレッスン時間が自動でツイートされ、10回目、100回目などの節目には画像付の特別なツイートとなる、ユニークなTwitter連動機能も提供しています。

レアジョブも、Twitterやブログでの情報に力を入れています。英語学習やレッスンに役立つ数々のヒントや、おすすめの学習法、レアジョブの活用法を公開しています。

また、英語学習に関わる有名人のトークイベント、受講生を対象にした英語学習に関する相談会、親子向けセミナーや子どもたちの学習会に加え、女性限定で参加しやすい交流会「英語女子会」など、ユニークなイベントも実施されます。

レッスン内容の自由度が高いオンライン英会話で、Twitterやブログで英語学習の情報提供にとどまらず、受講生どうしの交流や、講師と受講生が直接対話できる機会を設けているところというと、DMM英会話かレアジョブということになると思います。

なかには、Twitterで知り合った方どうしがオフラインのイベントでも知り合い、交流が長く続く方も少なくありません。オンライン英会話サービスの公式イベントから受講生のつながりが広がり、自主的な学習サークルや勉強会などが出来ることもあります。

互いのプライバシーや社会的なルール・マナーを守って、適度に交流することは当然ですが、あまり自分のことばかり話したり、質問ばかりしていても、好ましい態度とはいえないでしょう。また、内輪だけで固まりすぎるのも考えものです。

英語学習自体は、結局は自分ひとりで勉強するものですし、他の受講生のことばかり気にしていたり、交流自体が目的になっているようでは本末転倒です。Twitterを通じた学習情報の収集や受講生との交流は、適度な範囲で正しく活用していきましょう。

スポンサーリンク