オンライン英会話のトラブル対応

2016年12月31日

オンライン英会話のトラブル(不具合)で最も多いのが、通信回線の切断です。オンライン英会話ではSkypeを使って海外の講師と通話を行うのですが、通話先の通信状況は日本と同一というわけではありません(オンライン英会話とSkype)。

オンライン英会話の講師は、英米系のほか、フィリピンや東欧などが多く、これらの国々では、ネット環境が不安定なところもあります。日本に住んでいると気づくことが少ないのですが、日本がとてもインターネット通信が安定した環境であることの裏返しでもあります。

オンライン英会話のなかには、比較的安定的な通信網といわれる香港経由のインターネット回線を使っているところもあります。ただ、それでも日本における通信回線に比べると、トラブルがゼロとは限りません。

これに加え、よくあるトラブルとしては、講師側の国々における停電です。ネット環境が安定していたとしても、フィリピンや東欧では経済成長に対して電力の供給が追いついているとは言えず、1時間以上の停電も珍しいことではありません。

停電は、講師が在籍する各国の電力事情を反映したトラブルです。場合によっては、オンライン英会話どころでは無く、レッスンにならない授業回も出てくると思います。

これらのトラブルは、オンライン英会話各社や講師自身の問題ではありませんし、海外と通信をやり取りするオンライン英会話の性質上、誰にでも起こりうることです。

オンライン英会話各社のなかには公式サイト上で、こうした通信回線の状況や注意点、トラブルが起こった場合の手続き、レッスンの振り替え受講の有無や受付窓口を詳しく説明しているところも多くあります。

ただし、こうしたトラブルに直面した時の対応こそが、講師の質やサポート体制といった、オンライン英会話各社の違いとなって現れてくるといえます。

トラブル発生時の対応こそがオンライン英会話の差

オンライン英会話で、講師側の国のインターネット回線切断や停電による通信トラブルに直面したとき、講師にもこれを復旧する能力はありません。ただ、なかには、さまざまな工夫を凝らして、なんとか講義を続けようと努力する講師の方もおられます。

受講生の側としては、通信トラブルが発生した場合、まずはオンライン英会話の運営窓口に報告・相談しましょう。各社とも公式サイト上でサポートの受付を行っている場合が一般的です。

通信トラブルが避けられないものだとしても、そこでサポートセンターが、細やかで即座に対応してくれることがより望ましいといえます。一般的には、トラブルの状況を把握の上、円滑にレッスンの振り替えを確保してくれることが理想的といえます。

こうした予想外のトラブルに対して、その対応によっては、受講生にもストレスが溜まってしまいます。オンライン英会話各社では、公式サイトのヘルプページで通信トラブルが起こった場合の対処法や受付窓口の案内を行っており、きちんとした速やかな対応に取り組んでいるところが多く見られます。

スポンサーリンク