オンライン英会話に無料体験入学しよう

2016年12月27日

今回は、オンライン英会話の無料体験入学を取り上げます。多くのオンライン英会話では、無料体験入学を1~2回程度提供している場合が一般的です。

オンライン英会話の無料体験レッスンの流れ

オンライン英会話の無料体験入学は、各社のウェブサイトにアクセスし、新規登録画面で必要事項を入力して登録手続きを行います。一般的には、ユーザー名、Skype名、メールアドレスなどを入力することが一般的です。

このうちユーザー名に関しては、オンライン英会話のレッスンで講師から呼んでもらう名前を英語で入力することが一般的です。ニックネームのように、わかりやすく呼びやすい名前にすると良いでしょう。

Skype名とは、Skypeで登録した名前のことです。オンライン英会話のレッスン形式は、Skype(マイクロソフトが提供している無料のインターネット通話サービス)を使ったビデオ通話やチャット機能を利用することが一般的です。

すでにSkypeを利用している方は、そのままオンライン英会話の無料体験入学を申し込めばよいでしょう。Skypeを使ったことが無い方は、あらかじめSkypeに登録し、専用アプリ(ソフト)をインストールしておきましょう。

なお、オンライン英会話サービスでは、新規登録画面などウェブサイト上において、Skype公式サイトへのリンクや登録方法を案内していることが一般的です。よく分からない方は、オンライン英会話の登録画面から案内に従ってSkypeに登録し、Skype名を取得しましょう。

その一方、オンライン英会話のなかには、Skypeが不要というサービスもあります。ネイティブキャンプなどは、推奨ブラウザや専用アプリを経由する受講形態を採用しており、Skypeは必要ありません。

なお、Skypeを活用してオンライン英会話の学習効果を伸ばすコツについては、オンライン英会話とSkypeで取り上げています。

体験レッスンの予約:講師選び

オンライン英会話で無料体験入学に必要な登録手続きを済ませたら、講師を選んでレッスンの予約を行います。多くの場合、数百~数千人の講師のなかから性別・年齢・学歴・経歴・講師歴・趣味・特技などで講師を絞り込み、何度も選びたい講師はお気に入りに登録することができます。

特に無料体験入学の場合、「日本語のサポートOK」「初心者向け」「若くて優しそう」といった条件で選ぶ方が多いようです。オンライン英会話のサービスによっては、受講生の評価やコメントを掲載するところもあり、これも参考になります。

英米系のネイティブな講師は予約が取りにくい傾向があります。非ネイティブの講師でもそれぞれの国でトップクラスの学歴を有した優秀な方が多く、英語のなまりといっても実用上はほとんど問題が無いレベルといえます。

一般的に講師選びでおすすめできるのは、20代半ば以降でビジネス経験のある方、あるいは、電話応対(コールセンター)経験者です。これらの講師は、ネイティブな顧客への応答やさまざまな業種に詳しく、とても実践的で気配りのできる講師が多いと思います。

オンライン英会話の講師の選び方にもコツがあります。この点は、オンライン英会話の講師の選び方で詳しく説明しています。

体験レッスンの予約:教材選びとサポート

多くのオンライン英会話では、レッスンの予約時に、各社が提供する教材を選ぶこともできます。各社とも、初級・中級・上級などレベル別、TOEIC・日常英会話・海外旅行・ビジネス英語など目的別に、数百~数千の教材を用意しています。なかには、市販教材のうち特に定評が高い良書も選べる場合があります。

オンライン英会話はレッスンの自由度が極めて高く、自分で持ち込んだ教材や題材を使ったレッスンを講師に提案することもできます。ただ、無料体験入学の段階では、各社が提供する教材から選んで、それぞれのサービスの充実度を試してみるのが良いかと思います。

また、どんな教材から始めれば良いか迷っている方は、無料体験入学の時点で利用できるかどうかは各社によって異なりますが、レッスンの予約前に、オンライン英会話のサポートやカウンセリングを利用して、自分の目標、現時点での英語スキル、使用教材などの希望を相談すると良いでしょう。

希望する講師や教材を選んで、レッスンの予約が完了したら、無料体験入学の開始です。予約日時になったらSkypeの呼び出し音が鳴りますので、通話を開始してレッスンが始まります。まずは互いに挨拶をして自己紹介を始めます。

オンライン英会話で万が一、トラブルが発生した場合については、オンライン英会話のトラブル対応で解説しています。

オンライン英会話の体験レッスン内容

全くの英語初心者の方は、挨拶や自己紹介をメインにした初級用教材を選んでいれば、こうした基本的なやり取りで定型的な表現の練習が中心になるかと思います。

また、初級用や入門レベルの発音教材やテスト教材を選んだ方は、その教材に沿って講師とのやり取りを行うことになります。このレベルの方は、日本語OKの先生を選んでおくのが無難だと思います。

初心者の方は、フリートークも緊張してガチガチになるかもしれません。それでも初級レベルの方の無料体験入学は、英語を使ったやり取りを体感できただけでも、十分な成果を得たといえます。

初級レベルの方は、分からなかった表現や初めて聞くフレーズをSkypeのチャットボックスに書き出してもらい、レッスンごとに習得して自分で使える英語をどんどん増やしていくことで、英会話から得られる楽しみを実感しつつ、初心者レベルを脱することができます。

初心者の方は挨拶、自己紹介や初級用教材に頼るレベルからフリートークの時間を徐々に増やし、講師との良い関係が作れる段階を目標にします。その一方、ある程度フリートークができるという方は、無料体験入学の段階から中級用の教材を選んでも良いでしょう。

中級用の教材は、英字ニュース、発音教材、ディスカッション教材が挙げられます。特に英字記事を速読して自分の口で要約してみせたり、テーマと課題だけが与えられるディスカッション教材を使って講師と討論形式で会話を練習します。

この段階の方の目標は、自分の考えを英語でまとめて英語で伝える能力や、相手の話を聞き逃さず相手の考えを英語で理解する能力です。さらに、英語での討論能力に自信がある方は、無料体験入学の段階から上級用教材や自分で持ち込んだ教材を使って良いレベルです。

上級者の方は、YouTubeや海外メディアのニュース動画を見てディスカッションを行い、「文字以外の情報を見て文字情報としての英会話を実践する」練習や、日常生活やビジネスにおけるさまざまな場面を想定したロールプレイング、課題文を読んで1分間考えたあと3分間スピーチで考えを伝えるなど、あらゆる状況で即応できる英会話能力を鍛えます。

オンライン英会話のレベル別のレッスン内容や活用法については、以下の記事で説明しています。

無料体験入学を比較してみよう

このように、さまざまなレベルに応じた多種多様なレッスンの自由度の高さが、オンライン英会話の最大の強みといえます。ただ、オンライン英会話の無料体験入学を受けて何社か比較したいという場合は、初心者用レッスンで比べて見るのが良いかもしれません。

初級用教材や初心者向けの無料体験は、オンライン英会話のなかでも最も細部への気配りが必要ですし、サポート体制や講師検索画面など使い勝手の違いも比較しやすいレッスンだといえます。

オンライン英会話を体験してみようと思ったら、1社に限らず複数の無料レッスンを受講してみて、実際の経験のなかから比較検討してみることが望ましいといえます。講師の質や教材の内容、レッスンの感覚・雰囲気など、受講して初めてわかることが多いと思います。

スポンサーリンク