オンライン英会話のメリット・デメリットやレッスン内容、講師の選び方、上手な活用法を取り上げたオンライン英会話の総合比較サイトです。

オンライン英会話ガイド

英語学習全般のコツ

多聴と精聴はどっちが良いのか?

投稿日:

多聴と精聴は、リスニングの学習法として代表的な2つの方法です。

多聴とは、とにかく大量の英語をナチュラルなスピードで聴き取る方法です。いわゆる「聞き流し」リスニングも多聴の一種と言えます。

精聴とは、じっくりと同じ題材を聴き取るリスニングです。ディクテーション、シャドーイング、リピーティング、音読も、精聴の一種といえます。

多聴と精聴はそれぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが良い悪いと一概には言えません。実際の英語学習においては、それぞれの良さを生かしてバランス良く使い分けることをおすすめします。

ここでは、多聴と精聴それぞれの方法やメリット・デメリットを取り上げ、リスニング力の向上のための実践的な工夫を説明します。

多聴のメリット・デメリット

多聴とは、大量の英文を聞き流し、おおまかな意味を掴み取るリスニングといえます。ほとんどの場合はナチュラルな速いスピードの英語を聞き取りますし、なかにはや「聞き流すだけで英語力アップ」を謳う教材もあります。

多聴のメリットは、大意をすばやく理解できる能力が養われることです。細部にこだわらず聞くことで、英語特有のリズムやイントネーション、アクセントといった抑揚や強弱に慣れることもメリットといえます。

多聴のデメリットは、あまり初心者には向かないことです。英語の語彙や文法の能力が低いまま多聴しても、何を言っているのかさっぱりわからないまま、一向に上達しない可能性があります。

また、多聴ばかりやっていると、細かい部分をスルーするあまり、正確に意味を受け取る能力がつかないことが挙げられます。多聴は、おおまかな内容把握の訓練に最適ですが、正確な意味を掴み取る練習にはなりません。

精聴のメリット・デメリット

精聴とは、ひとつひとつの英文をじっくりと聴き取るリスニングです。ナチュラルなスピードとは限らず、ゆっくり目の速さから入る場合が多く、何度も何度も聴き取る手法を取る場合も多いといえます。

精聴は、知らない単語や表現の意味を調べたり、発音やアクセントの確認をしながら進めることが一般的です。このほか、音読、ディクテーション(英文を一文一文聞きながら書き取る)、リピーティング(音声に合わせて音読する)、シャドーイング(音声に合わせて影のように発話する)なども精聴の一種です。

精聴のメリットは、しっかりと細部まで聴き取る力を身につけるとともに、単語やフレーズの意味、発音やイントネーションなど、基本的な知識を蓄えていける点です。その意味では、初心者向けの学習法ともいえます。

精聴のデメリットは、ひとつひとつのフレーズを確認したり、繰り返し練習を伴うために、学習時間がかかることです。また、細部にこだわってひとつひとつ確認するため、精聴だけではナチュラルな英語のスピードについていけないことです。

多聴と精聴はバランス良く使い分けよう

多聴は本物の英語のスピードに慣れるのに最適な学習法ですが初心者には向かず、精聴は英語力のトータルなレベルアップに最適ですが英語のスピードには慣れないというメリット・デメリットがあります。

こうしたことから、多聴と精聴をバランス良く組み合わせ、それぞれの良さを活かしたリスニングの学習をおすすめします。初心者は精聴を重視し、語彙・表現や発音といった英語力を高めてきたところで、中上級者なら多聴に重心を移していくと良いでしょう。

初めのうちは短めの英語素材を聞き流し、同じ素材を精聴して意味がわからない語彙や聞き取れない発音をなくすまで繰り返し、最後に再度多聴で細部まで聞き取れるところまでリスニングを行うという、同じ素材で多聴と精聴を繰り返すのも良いでしょう。

多聴と精聴はどちらが優れているかとか比較するものではありませんし、同じ教材を使って両方を交互に用いることで、ナチュラルなスピードで細部まで聞き取り、その意味まで理解できるという効果的な練習につながるといえます。

スポンサーリンク

-英語学習全般のコツ

スポンサーリンク

Copyright© オンライン英会話ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.