オンライン英会話は受講生がリードしよう

オンライン英会話では、受講生がリードして積極的に希望を伝え、レッスン内容や使用教材、受講の目的を明確にしていきましょう。これを遠慮する必要は全くありませんし、予約制が一般的なオンライン英会話では、学習効果に影響する重要な点だといえます。

特に日本人の場合は、誰かから何かを教わるというと、決められた学習内容に沿って、先生が一から十まで指導方針を決定し、生徒はその流れに任せるものだというイメージを持っている方が、とても多いと思います。

英会話の学習に関しても、学校教育のように、あらかじめ用意された体系的な学習内容に従うのが基本で、質問があれば聞くという程度で、原則としては講師がその指導内容を主導するものだと思っている方が少なくありません。

実際、アルクと共同開発した教材を提供するQQEnglish、NOVAグループによる教材を用意したジオスオンライン、グループレッスンを講師が主導するEFイングリッシュライブなど、自社開発や提携先提供の教材に沿ったカリキュラムが原則というオンライン英会話も少なくありません。

その一方、DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプ、ラングリッチ、産経オンライン英会話、エイゴックスなど、レッスン内容や使用教材の自由度が非常に高く、カリキュラムの柔軟性に富んでいるオンライン英会話が非常に多く見られます。

この場合でも、各社が用意した豊富な教材やカリキュラムを使ったレッスンを受けられます。ただ、これらの利用は任意であり、自分で希望した教材や題材を持ち込んだり、どういうレッスンを受けたいかという要望を自由に出すことができます。

このようにオンライン英会話では、自社提供のレッスン内容の受講が任意であり、自分で希望する教材やレッスン内容をリクエスト(要望)できるサービスが主流といえます。

多くのオンライン英会話では、レッスン予約時にフリートークレッスンを選択し、希望する教材やレッスン内容を自由に記述してリクエストすることができる形を取っています。また、講師選びでも、「フリートーク」でフリーワード検索できる場合もあります。

英会話を始めたいが何から始めたら良いのか分からない方や、教材やレッスン内容はサービス側にお任せしたい方は、各社が提供するカリキュラムに沿ったレッスンを選ぶことができますし、受講する目的や目標が明確な方や、使用教材やレッスン内容を自分の希望通りに行いたい方は、自由に要望できるレッスンを選ぶと良いでしょう。

レッスンの要望は気持ち良いものに

オンライン英会話各社が用意する教材や、それに沿ったカリキュラムも、やはりさすがに豊富な指導実績に基づくノウハウがベースになっています。順序よく学習できますし、学習内容のバランスが取れた効率の良いレッスンが受けられます。

その一方で、自分の受講の目的に絞って効率よく学習したり、特定の技能の強化や自分が足りないと感じている部分の補強といった、ピンポイントでレッスンを受けたい場合には、どんどん自分が要望できるレッスンを選んでいくことが重要です。

ここで重要なことは、ただ「こういう練習が受けたいです」「この教材を使いたいです」と言うだけでなく、それをなぜ希望するのかという目的を合わせて使えておくと、より効果的な学習効果が得られます。

例えば、同じ英文教材でも、正しい発音を練習したいので、自分が音読する間、気づいた点があれば指摘してほしいとお願いしたり、その都度お手本を見せたり、自分でやって見せるので指導してほしいとリクエストすることができます。

また、学校で英作文の課題やスピーチコンテストがあるとか、外資系企業の採用面接、会社で英語資料を使ったプレゼンの機会、外国人の友人とこういう話題を話し合いたいなど、具体的に伝えておくと、講師と目的を共有してレッスンが進められます。

また、オンライン英会話の講師はとても指導熱心でフレンドリーな方が多く、自分の熱意や感謝を示せば、その気持ちに寄り添ってくれる先生がたくさんおられます。

万が一、受講生への態度に問題がある講師は論外ですが、それは受講生の側にも言えることです。いくらレッスンの自由度が高いからといって、自己中心的だったり高慢な態度で受講していては、講師との関係も気まずくなり、英語学習にも悪影響といえます。

オンライン英会話では、単に優秀なだけでなく、受講生への気遣いや心配りに優れた講師もたくさんおられます。こうした講師に対して、素直に感謝の気持ちを表し、正しい伝え方に注意すれば、非常に高い学習効果が得られると思います。

講師とより良い関係を作ることが、オンライン英会話では非常に重要です。とても自由にレッスン内容を要望できるということと、講師への気持ちや態度を率直に表すということは、英会話の上達のために極めて重要なポイントだといえます。

もちろん、なかには自分と相性が合わない講師もいるでしょう。何人かの講師と接しているうちに、親切さの度合いやレッスンへの熱心さといった違いが見えてくると思います。

より良い講師を選び、ハズレ講師を引かないためにも、講師検索や講師への評価・コメント機能はフル活用したいものです。万が一、おかしな講師に出会った時は、二度と選ばなかったり、サポートに相談することもできます。

受講生が講師を選びぬく

オンライン英会話は、数百人~数千人の在籍講師からレッスンごとに講師を選ぶ予約制が一般的です。同じ先生からレッスンを受ける担任制の場合と異なり、受講生の英語力を継続的に確認するわけではありません。

だからこそ、オンライン英会話では、受講生の側からどんどんレッスン内容を提案したり、自分の英語スキルや受講の目的を伝え、講師と良い関係を作ろうとする働きかけが重要となってきます。そこは、自分が率先してリードする気持ちで良いと思います。

先ほどの記述通り、オンライン英会話には単に優秀なだけでなく、親切で熱心な講師がたくさんおられます。この講師の気持ちを動かせるのも、受講生の気持ちひとつです。受講生の真摯に取り組む内容をきちんと伝えることで、講師もそれに呼応してくれます。

また、何度も受講したい講師が見つかれば、お気に入り(ブックマーク)に登録する機能を備えたオンライン英会話も多く見られます。

この場合、担任制のように受講生の目標やレベルアップの度合いを、ずっとフォローするわけではないものの、何度か受講するごとに、前回のレッスンに対する感謝を伝えたり、お願いする時の伝え方ひとつで、より良い関係につながり、大きな学習成果が期待できます。

オンライン英会話では、受講生がどれくらい上達していて、どんなレッスン内容を行えばベストなのかということを、受講生自身が判断できます。そこを講師が判断することはなく、非常に自由度が高いだけに、レッスンをどんどんリードしていく必要性も生じているわけです。

自分のためのレッスンをすべて自分のために行うことができる、というのがオンライン英会話の最大のメリットのひとつです。だからといって、講師への高慢な振る舞いや態度は論外ですし、受講の目的や使用教材、レッスン内容の希望を具体的に伝える必要があります。

自分に合わないと思った苦手な講師はなるべく回避することができますし、より良い講師と出会ったら、その方が持っている指導能力を最大限引き出してもらうために、失礼の無い表現を使い、感謝の気持ちを伝えることを忘れなければ、とても良好な望ましい学習効果が得られるといえます。

スポンサーリンク