Skypeのチャットボックスを活用しよう

オンライン英会話では、Skypeのチャットボックスを利用することで、互いにメッセージを文字で送り合ったり、講師に聞き取れなかった表現をタイピングしてもらったり、Web上の教材や英字サイトなどのURLを貼り付けたり、ファイルを共有することが可能です。

講師の話す英語が聞き取れない時は

オンライン英会話では、レッスンのほぼすべてを英語で受けることが基本です。日本語OKの講師もその使用頻度はさまざまですし、初心者向けに日本語を多用する講師もおられますが、ほとんど話せない(あるいは話さない)講師などさまざまです。

オンライン英会話のレッスンは、教材そのものや会話自体が英語なのは当然ですが、間違いの指摘など講師からのフィードバックも英語で教わることが一般的です。

初心者の方は日本語OKの講師を選ぶのが無難ですが、レッスンの多くを日本語で説明しすぎる講師も、リスニングの練習機会が減ってしまうという意味では、少し考えものです。

とはいえ、せっかく講師が何かを指摘してくれたり、英会話向上のためのポイントを教えてくれているのに、それを聞き取れないままの状態で流していたのでは、いつまでたっても英会話のスキルは上達していかないと思います。

オンライン英会話では、分からなかったことをそのままにしておくことは、最も好ましくないことのひとつといえます。オンライン英会話は問題点があったら、すぐにその場で解決し、正しい英語の使い方や発音・表現の方法などを、どんどん蓄積していく学習形態といえるからです。

とはいえ、高いリスニング能力を持ち合わせていない初心者の方にとって、講師からのアドバイスを聞き流してるだけでは、相互に英語で理解し合うコミュニケーション能力の定着に繋がらず、自分もレッスン内容に応じて英語ではなすだけの片側通行になっているだけといえます。

「たくさん英語を話せば、英会話が出来るようになる」ということは間違っていません。数多くの英語を話すことで、英会話は確実に上達します。ただし、「自分が話せないことは聞き取ることができない」ですし、「最初からたくさん話せるひとはいない」ことも事実です。

つまり、そもそも英語で表現できる内容をたくさん持ち合わせておらず、英語で話をした経験が少ない初心者にとって、オンライン英会話の講師の指摘を最初からスムーズに理解できる受講生はほとんどいないということです。

これは初心者なら決して珍しいことではなく、何も自分だけわからないのかと心配する必要も無いのですが、かとって、このままの状態で足踏みしているわけにもいきません。

そこで使えるのが、Skypeのチャットボックスです。Skypeとは、マイクロソフト社が提供している、無料で使えるインターネット通信サービスです。オンライン英会話の多くは、Skypeを利用してレッスンを受ける受講形態が一般的です。

Skypeのチャットボックス活用法

Skypeは音声通話およびビデオ通話機能があり、オンライン英会話の多くはこれを使ってレッスンを行います。それと同時に、Skypeにはチャット機能があり、チャットボックスというスペースを使って、文字でメッセージをやり取りしたり、ファイルの共有ができます。

Skypeのチャット機能は、入力した文字を送受信することが可能です。これを使えば、聞き取れなかった表現があったときに、チャットボックスに綴りを打ち出していただけませんかとお願いすることができます。

レッスンの冒頭で、聞き取れなかったフレーズを打ち込んでもらうよう、あらかじめお願いしておけば、その都度打ち込んでもらうときもお願いしやすくなります。また、その場で発音も確認するとなお良いと思います。

オンライン英会話の講師のなかでも、チャットボックスを積極的に活用される方が少なくありません。レッスンを通じて口頭での指摘だけでなく、その説明をタイピングして打ち出してくれる講師もたくさんおられます。

また、レッスンを通じて感じたことや発音、文法などの全体的な評価・感想といった、フィードバックを打ち込んでくれる講師も数多く在籍しています。

Skypeは、チャットボックスでのやり取りの履歴が一定期間保存されます。聞き取れなかった単語・フレーズやフィードバックなどは、レッスン後に見直して、自分の英語表現のレパートリーをどんどん増やすことができますし、指摘されて点を次回以降のレッスンの改善点として取り組むことができます。

Skypeの利用には、マイクロソフト社提供のSkype専用公式アプリ(無料)が必要です。これについても、オンライン英会話各社の公式サイトで、導入方法について案内されていますので、参考にしましょう。

このほか、Skype公式アプリ以外にも、Skypeの履歴を簡単な操作で閲覧・編集・保存・削除できる無料アプリ(フリーソフト)がたくさん出ています。公式アプリだけでは不便だと感じた方は、さまざまなアプリが出ているため、試してみると良いでしょう。

Skypeのチャットで教材のリクエスト

Skypeのチャットボックスを使えば、画像やテキスト、自作のファイルなどを送受信して共有することができますし、ウェブサイトのURLを貼り付けて送受信することも可能です。

DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプなど、オンライン英会話のなかには、カリキュラムの柔軟性が極めて高く、レッスン内容や教材を自由にリクエスト(要望)できる機能を備えたサービスが少なくありません。

こうした場合の多くは、Skypeのチャット機能を使ったファイル共有機能を使って、Web上の題材をレッスンに使うことが可能ですし、動画サイトや海外メディアのURLを送ることでレッスンの題材に使うことも可能です。

動画サイトのYouTubeや海外メディアのBBC、CNN、VOA、英字サイトのNHK Worldなどは、一緒に閲覧後、講師からの質問をお願いして口頭で回答する練習を行ったり、ディスカッションの題材して意見交換や討論形式のレッスンを受けることができます。

また、NHK語学講座の「ニュースで英会話」のように、英文を速読、音読、要約して講師から間違いを指摘してもらったり、やはり討論などに利用することができます。

特に動画サイトの場合は、文字以外の情報から英語で表現されている内容を把握し、それについて頭で考え、文字情報としての英語に置き換えて意見を述べるといった、非常に高度で学習効果の高いレッスンが可能となります。

DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプなどは、各社が提供する教材の使用は任意です。多くの場合はフリートークレッスンを使う形式を取ると思いますが、ネット上に提供されているさまざまな無料教材を自由に使うこともできます。

また、会社の英語資料やプレゼン練習の素材、学校の英語の課題や自分で作成した英作文・英文手紙・英文企画書などのライティング指導などを受けることも可能です。

市販の参考書などオフラインの教材を使いたい時には、Skypeの画面共有機能を使ったり、特定のページをスクリーンショットとして保存した上で講師に送るといった使い方が考えられます。

このように、単に聞いているだけではわからなかった単語やフレーズを書き出してもらって視覚的に確認したり、動画サイトや海外メディアを一緒に閲覧後、スピーキングの練習を行ったり、自分で用意した課題でライティングの指導を受けるなど、オンライン英会話は英語の4技能(スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング)を総合的にレベルアップする上で、非常に使い勝手の良い優れた学習法だといえます。

スポンサーリンク