オンライン英会話のサービス

2017年1月2日

ここでは、オンライン英会話のサービス内容について、一般的なスペックを取り上げていきます。オンライン英会話は、50社以上が参入しており、非常に多種多様なサービスが展開されています。

オンライン英会話の料金プラン

一般的なオンライン英会話サービスの場合、料金プランは月々の定額制という場合が一般的です。レッスンは非常に自由な予約制で、同じ日に1日1回までの受講制限さえ守れば、1ヶ月のうちに何度でも受講できる料金プランが主流となっています(オンライン英会話の選び方)。

オンライン英会話サービスのなかには、月々定額制のまま1日2~3回までの受講がOKというプランも提供する場合がありますし、1ヶ月のレッスン回数に上限を設けて月々の定額料金を抑えたサービスを提供する場合もあります。

このほか、レッスンの回数に応じた受講料を支払う料金プランや、受講回数無制限で定額制を打ち出したサービスもあります。ただし、後述通り、受講回数無制限の場合、人気の高い講師を選ぼうとすると、別途追加料金が発生する予約を必要とする可能性があります。

オンライン英会話サービスの料金はどれくらいが妥当かという点については、一般的な月額定額制で1日1回受講した場合、1回のレッスンあたり100~300円、プレミアムなサービスがついてれば1回のレッスンあたり400~700円が一般的だといえます。

オンライン英会話サービスの利用可能時間は、24時間というところや、深夜や早朝を除く時間帯というところがほとんどです。24時間OKというサービス以外でも、朝6時~25時くらいまで行っているところが多く見られます(オンライン英会話の比較)。

オンライン英会話の受講形態

オンライン英会話サービスの受講形態は、Skype(スカイプ)を利用することが一般的です。Skypeとはマイクロソフト社が提供している無料のインターネット通話サービスであり、専用のアプリ(ソフト)をダウンロードし、Skypeに登録してアカウント(Skype名)を取得することで利用できます(オンライン英会話とSkype)。

一般的なオンライン英会話サービスの場合、Skype名、ユーザー名(講師に呼んでもらいたい名前で構いません)、メールアドレスなど必要事項を入力して登録すれば、レッスンを受け始めることができます。

このほか、一部のオンライン英会話サービスでは、Skype不要の受講形態を採用しているところがあります。この場合、Skypeをダウンロードする必要は無く、各社の指示に従って、推奨ブラウザまたは専用のアプリを使う場合がほとんどです。

オンライン英会話サービスでは、各社が独自に用意したオリジナル教材を多数取り揃えています。発音、ディスカッション、ロールプレイング、リーディング、ライティング、スピーチ、TOEICなどの目的別や、日常英会話、海外旅行、留学、ビジネス英語など用途別に優れた教材が揃っています。

こうしたオンライン英会話の独自教材は、初級、中級、上級など段階別に網羅しており、多いところで数千種類の教材を用意しています。ほとんどの教材は追加料金無しの無料で自由に何度でも使えますし、独自教材の使用自体が任意のものとなっています(オンライン英会話の教材)。

その一方、テキスト、英字記事、海外メディアやYouTubeなどの英語動画、ディスカッションやロールプレイなどの題材、添削してもらいたい英作文・英文手紙・英語企画書など、自分で教材を持ち込んでレッスンに希望することも自由です(講師へのレッスン内容リクエスト(要望)機能)。

オンライン英会話サービスは、授業内容の自由度が極めて高く、カリキュラムも非常に柔軟だといえます。教材抜きのフリートークでも構いませんし、スマホを持って外出先から中継のように英会話を楽しむこともできます。

オンライン英会話のサポート窓口は

もちろん、何から始めたら良いのかわからない方は、オンライン英会話サービスを運営する公式サイトからサポートやカウンセリングといった相談窓口を利用することが可能です。自分の英語スキルや目標、使用教材などの希望を伝えてみましょう。

また、オンライン英会話の場合、講師の在籍国の通信状況や電力事情に伴って、当該国の停電やネット通信切断と言ったトラブルがつきものです。こうしたトラブルに直面したときこそ、サービス各社の真価が問われるときだといえます(オンライン英会話のトラブル対応)。

通信トラブルに直面した場合、まずは相談窓口に連絡して相談しましょう。速やかに状況を把握して受講生に報告し、レッスンの振り替え受講といった手続きを即座に行ってくれるサービスが多く見られます。

オンライン英会話は、使い勝手の良さ、利便性、満足度については、サービスを提供する各社の基本仕様に大きく左右されます。その一方、レッスンの進め方や内容、密度の濃さは、個々の講師との相性に左右されるところが大きいといえます(違うタイプの先生をどんどん選んで受けよう)。

オンライン英会話の講師

ほとんどのオンライン英会話サービスでは、講師は数百~数千の登録講師のなかから検索して、レッスンごとに選ぶことができる予約制です。何度も選びたい講師はお気に入りに登録してサッと選ぶこともできます(オンライン英会話の講師の選び方)。

講師の選び方

オンライン英会話の講師は、年齢、性別、学歴・経歴、専門分野、趣味・特技、講師歴などのプロフィールを絞って検索を行い、希望する講師を選ぶことができます。レッスンごとに別の講師を選べますし、気に入った講師をお気に入りに登録しておくこともできます。

当然ながら、先約が入っている講師は、その時間に選ぶことが出来ません。オンライン英会話サービスでは、混み合う時間帯では希望する講師に予約が殺到する傾向があります。やはり登録講師の数も多いほうが好ましく、どのサービスを選ぶかの参考になります。

オンライン英会話のなかには、月額定額制ながら予約無しの回数無制限で何度でも受講できるサービスを提供しているところもあります。この場合、予約を取ってレッスンを受ける場合は別途追加料金が発生することが多く、人気講師の授業を受けようとすると、どうしても予約を取る必要が生じるかもしれません(先生と良い関係を築こう)。

どんな国の講師が多いのか

オンライン英会話の講師といえば、フィリピンの方が中心です。レアジョブのようにフィリピン大学の卒業生や在学生を多数採用するなど、最高レベルの学歴や知的水準を兼ね備えた講師が一般的です。

一方、DMM英会話のように60カ国以上の講師を揃えたオンライン英会話サービスも存在します。フィリピン、東欧、中南米など新興国の講師の場合、その国のトップクラスの経歴を持ち、政治、経済、文化、技術などさまざまな専攻の講師が多く見られます。

こうした非ネイティブの講師の場合も、英語の発音やなまりには個人差があるものの、ほとんどの講師は実用的に全く問題の無いレベルです。なかには非常にきれいな英語を話す講師の方も多くおられます。

もちろん、アメリカやイギリスといったネイティブな講師を多数そろえたオンライン英会話サービスも存在します。英米圏の講師にこだわるなら、こうした専門性の高いサービスを選ぶのも良いでしょう(オンライン英会話とネイティブについて)。

オンライン英会話の講師がどこからレッスンを行うかも、サービス各社によって異なります。多くの場合は講師の自宅からという場合が一般的です。なかには、専用のオフィスを用いた場合もあります。

さまざなな国の講師が在籍するメリットとしては、それぞれの国の文化、習慣、歴史、政治、経済など、英語表現を非常に幅広く練習することができる点です。また、現実の英会話では、相手方の誰もが常に流暢できれいなネイティブ英語で話すとは限らず、さまざまな国の英語に触れておくことも、むしろ体感しておくべきだと思います。

講師の発音やなまり?

オンライン英会話サービスの講師は、なかには極めてなまりがひどい講師も存在しますが、一般的に大部分の講師は、実用上特に問題とはならないレベルです。むしろ英語初心者のうちは、英語のなまりにこだわるよりも英語表現の幅を広げ、さまざまな国の方々と英語で円滑にやり取りできる能力の養成を優先すべきだと思います。

英語の発音に敏感になるべきなのは、中上級者、あるいは、ビジネス英語といった脱ビギナーレベルの方だと思います。こうした方は、英語のなまりも気になりやすく、ネイティブの講師にこだわっても良いと思います(オンライン英会話で発音の矯正を)。

ただ、英語でのやり取りに間合いができたり、基本的な英語表現が身についていない初心者のうちは、英語のなまりに気づくことも少なく、それよりはまず英語を聞き取って理解したり、頭のなかで考えたことを英語で表現する練習に集中したほうが良いと思います。

気に入った講師を選ぼう

オンライン英会話の講師は、フリートークが得意な講師、発音練習に熱心な講師、ライティングの添削が丁寧で細かい講師、初級向けで日本語Okな講師、専門分野やビジネス英語が得意な講師など、さまざまな講師が在籍しています。

なかには自分との相性が合わなかったり、英語なまりの酷い講師もおられます。いわゆる地雷のような講師はごく稀ではあるのですが、こうしたハズレを引いた場合は次回以降選ばないようにし、自分に合った複数の講師をお気に入りに登録して、レッスンの目的に応じて使い分けるのが賢い使い方だと思います(オンライン英会話の講師の選び方)。

オンライン英会話サービスのなかには、講師プロフィール画面で受講生からの評価やコメントを書き込めたり、講師検索で各講師の評価やコメントが閲覧できるところもあります。この場合、他の受講生の評判も参考にしながら、講師を選ぶこともできます。

オンライン英会話ならでは使いやすさ

オンライン英会話サービスで、意外と差が出るのは、サイトの使いやすさです。講師検索や講師のプロフィール、レッスンの予約、学習の進捗状況や料金の支払い状況などを確認する管理画面の利便性も、各社によって大きく異なります(オンライン英会話の使用感は?)。

また、オンライン上のレッスン教材や、トラブルが起こった場合のサポート窓口など、ネット上で利用できるサービスの使いやすさにも相当の違いがあります。特にスマホ受講を検討中の方は、無料レッスンでオンライン英会話各社の使用感を体験しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク