産経オンライン英会話の教材

産経オンライン英会話の教材

今回は、産経オンライン英会話の教材を取り上げます。産経オンライン英会話は、非常に優れた教材がレベル別・目的別に揃っているだけでなく、中学生向け学校教科書準拠教材や、職業別英会話、フリートークやニュースディスカッション等も用意しています。

産経オンライン英会話の英会話教材

産経オンライン英会話の教材のうち英会話に関しては、日常英会話、ビジネス英会話がそれぞれ初級、初中級、中級、中上級と各100レッスン分(中上級は75レッスン)揃っており、目安としてはCEFR A1~B2、英検では5級~準1級、TOEICでは350点未満から900点まで対応できる教材を一貫したカリキュラムに基づいて用意しています。

さらに産経オンライン英会話ならではの特徴として、職業別英会話の教材が「小売店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」で各45レッスンづつ揃っていることが挙げられます。これらも他のカリキュラムと同様、レッスンの順番に関係なく自由に任意で教材を選ぶことができます。

産経オンライン英会話の教材は、全て追加費用一切かからず、自由に任意で選んで使うことができます。その一方、後述通りフリートークレッスンを選んだり、自分で持ち込んだ題材や、自作の英作文など(メール、企画書、英文手紙、学校の課題など)の添削指導を受けるといった、非常に柔軟かつ自由度の高いレッスンが受けられます。

産経オンライン英会話の教材:受験対策、フリートーク

産経オンライン英会話の教材には、大学入試外部検定試験対応のカリキュラムや、中学生が学校の授業で学んだ英語をベースにした学校教科書準拠カリキュラムに沿った教材も用意されています。

その一方、産経オンライン英会話が用意する教材の使用は全くの任意です。カリキュラムにとらわれず、その都度自分が受けたいレッスンに沿った教材を選ぶことができます。

さらに産経オンライン英会話では、フリートークレッスンを選ぶことで、全くの自由なフリートークはもちろん、学校の課題や会社で使用する各種英文書類のチェック、ニュース記事の解説を受ける、英語面接やプレゼンの練習など、自分で持ち込んだ題材で自由にレッスンをリクエストすることができます。

もちろん、自分がどんなレベルか、どのレッスンが適切か、などがわからないという方は、問い合わせサポートが利用出来ますし、GCATという産経オンライン英会話が独自開発したレベルチェックテストを受けることが出来ます。

無料体験登録(産経オンライン英会話)に行きます。

タイトルとURLをコピーしました