講師へのレッスン内容リクエスト(要望)機能

オンライン英会話では、講師にレッスン内容を自由にリクエストできるサービスが数多く提供されています。これを上手に活用することで、自分に合った適切な学習を行うことができ、より大きな学習効果を期待することができます。

日本の学校教育における英語学習は、先生と生徒という関係が明確で、一貫したカリキュラムに基づく英語教育が行われます。それは、誰もが同じ英語学習を等しく受けられる機会を得ているという点ではとても優れています。

ただ、例えば先生が話す英語を生徒が聞く場合も、全く同じ英語を聞くことになり、生徒個々のリスニング能力の個人差はあまり考慮されません。発音の正しさや文法の理解度に関しても、生徒たちは一斉に同じ授業やテストを受けることが前提となります。

その一方、オンライン英会話では、レッスン内容に関して、受講生からのリクエスト(要望)を非常にきめ細かく受け付けているところが多く存在します。これはレッスンごとに行うことができ、自分の英語スキルや練習したい内容などが要望できます。

このほか、レッスンの進め方や講師が話すスピード、文法や発音を間違ったときなど、それぞれのケースに応じてどうしてほしいのかをレッスンごとにリクエストすることができるオンライン英会話も数多くあります。

さらに、オンライン英会話は、レッスンごとに講師を選ぶ予約制が一般的です。このため、初対面の講師とは、まず確実に自己紹介から入ることが多いと思います。これは、希望するレッスン内容が明確な中・上級者には、できれば早く切り上げて本題に入りたいところでもあります。

その一方、自己紹介といっても、互いにどう呼べばよいかや現在の英語スキル、受講の目的や将来の目標、学校・職業、出身地について、趣味・特技、互いの国の文化や流行など、そこから話題がひろがる可能性が大きく、初心者には非常に良いレッスンとなります。

オンライン英会話のなかには、こうした自己紹介について、どれだけの長さを要望するか選択できる機能が備わったサービスもあります。もちろん、レッスン内容の中心を何にしたいのか、リクエストすることも出来ます。

オンライン英会話は、レベル別・目的別に一貫した豊富な教材とそれに基づくカリキュラムを整備し、それに基づく受講を原則とするサービスがあります。何から始めれば良いのか分からない方や、教材・カリキュラムはサービス側にお任せしたい方におすすめです。

その一方、こうした自社開発の教材やカリキュラムを用意しつつ、これらの使用は任意であり、Skypeのチャット機能を使ってWeb上の教材やさまざまな題材をやり取りし、教材もレッスン内容も自由に持ち込むことがOKというオンライン英会話も少なくありません。

この場合は、動画サイトや海外メディアを使ったディスカッション、自作の英作文などを持ち込んだライティングの指導、会社・学校の試験や資格対策といった課題のチェック、英語での採用面接やプレゼンの練習など、受講生が自由にレッスン内容を要望できます。

ここでは、講師へレッスン内容のリクエストが自由にできるオンライン英会話の内容とその活用法を取り上げていきます。

DMM英会話のレッスン要望機能

DMM英会話では、講師を選んでレッスンの予約画面に進むと、レッスン内容のリクエストを行うことができます。「希望のレッスンスタイル」では、「指定しない」「フリートーク」「講師に任せる」「オリジナル教材を使用する」「提携教材を使用する」から選べます。

DMM英会話では、自社開発のオリジナル教材と出版社各社による提携教材を合わせて6800以上の教材が用意されており、目的別・レベル別の教材に沿ったカリキュラムが整備されています。これらは追加料金無しのすべて無料で、レッスンごとに選んで受講することができます。

その一方、Skypeのチャット機能や共有機能を使ってWeb上の教材を持ち込んだり、自分で希望するレッスン内容を要望したい場合は、「フリートーク」を選ぶと良いでしょう。

フリートークを選んだ場合は、自分で希望する教材やレッスン内容など、自由記述欄(「その他の要望」)への記入をおすすめします。自由記述欄では、自分の英語スキルや、練習したい技能、自己紹介するならどの程度の時間を割くかなども書くと良いでしょう。

また、「レッスン前の自己紹介」に関しても、「指定しない」「レッスンに入る前にお互いの自己紹介の時間を設けてほしい」「自己紹介なしですぐにレッスンに入ってほしい」から選択できます。

「講師が話すスピード」では「指定しない」「ゆっくりと話してほしい」「普通のスピードで話してほしい」「速く話してほしい」、「文法や発音が間違っていたとき」では「指定しない」「積極的に指摘してほしい」「会話することを重視したいので、あまり指摘しなくても良い」から選べます。

レアジョブのレッスンリクエスト機能

レアジョブにも、レッスンリクエスト機能が備わっています。これはレッスンごとにあらかじめレッスン内容や進め方、教材にかんする要望を出すことができるものです。

レアジョブも、さまざまな目的やレベル別に3000以上の独自教材を提供し、それに見合ったカリキュラムを整えています。その一方、この教材・カリキュラムに準じた受講は任意であり、自分で希望する教材やレッスン内容をリクエストすることができます。

レッスンリクエスト機能では、教材を使ったレッスンとフリーカンバセーションのどちらで受講したいか選択することができます。自分でレッスン内容や教材をカスタマイズしたい場合は、フリーカンバセーションを選ぶと良いでしょう。

これに加え、「レッスンの最初に行う自己紹介はどれくらいの長さで良いか」「文法や発音の間違いを指摘する頻度はどの程度が良いか」「レッスンの進め方はどの程度が良いか」などの項目ごとに、自分の要望に応じた選択を行うことができます。

もちろん、自由記述欄もあります。選択した内容だけでは伝わりにくい細かな要望や、実際に使いたい教材・レッスン内容など、受講生が自由にリクエストすることができます。

オンライン英会話のレッスン内容リクエスト(要望)機能

オンライン英会話のレッスン内容のリクエスト機能のうち、提供される教材・カリキュラムの使用が任意で、自分で希望する教材・題材を持ち込めるのは、DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプ、ラングリッチ、産経オンライン英会話です。

もちろん各社とも、自社開発の教材や提携先の教材を含めた豊富な教材とそれに応じたカリキュラムを用意しています。その一方、多くの場合はフリートークレッスンを選択する形を取ることで、Web上の教材や題材を共有するなど、自分で希望する教材やレッスン内容を要望することができます。

レッスン内容の講師への要望も、講師の話すスピード、自己紹介の長さ、文法や発音の指摘の頻度など、各社によって選択項目や自由記述欄の有無など違いが見られます。

単にレッスン内容やカリキュラムの自由度が高いだけでなく、こうしたレッスン内容の要望もオンライン英会話を申し込む際に比較することをおすすめします。多くの場合、レッスンリクエスト機能は、無料体験会員の間から実際の予約画面で見ることができます。

スポンサーリンク