オンライン英会話で発音の矯正を

2017年1月21日

オンライン英会話では、発音のレッスンにも力を入れています。発音専門のカリキュラムと教材を一貫した体制で用意する一方、フリートークレッスンを選ぶことで、受講生の自由な要望に基づく発音レッスンに対応する場合も数多く見られます。

ここで、きれいな発音にこだわる必要があるのか、あるいは、相手に意味が通じる程度の発音で十分ではないかと思われる方もいるでしょう。ただ、発音を矯正することは、リスニングでもスピーキングでも非常に大きな学習効果があります。

確かに、世界的に見れば、英語を話すひとの割合は、英語を母国語とするネイティブの方々よりも、非ネイティブの方々のほうが圧倒的に多いですし、自分が英語で話す相手の方がいつもきれいな英語を話す方とは限りません。

また、非ネイティブがネイティブのように発音するのは難しいのでは無いかという考えを持つ方も少なくありません。確かにネイティブのような発音は出来ないかもしれませんが、発音の矯正を行うことは、自分の英語能力の向上という点で、非常に大きな効用があります。

日本の場合、学校教育の英語は読解や文法を重視して読み書きに偏りすぎており、スピーキングやリスニングが軽視されがちな傾向が見られます。このため、話したり聞いたりする技能の土台となる発音も、さほど重要には思われていません。

しかし、ネイティブのように発音できなかったとしても、出来る限りハッキリとしたわかりやすい発音への矯正を行うことが、英会話の能力向上のために、十分おすすめできるトレーニングといえます。

発音を矯正する場合、英語の発音記号と発音の仕方を正しく学ぶことが基本です。単語を構成する音声を分解すると、音素という単音どうしの単位に分かれます。音素をどう発音するかについて、体系的に正しく表した記号が発音記号です。

英語をより正確に聞き取るためには、その発音を正しく聞き分けることが重要です。発音の違いひとつひとつを知識として理解するとともに、実際に発音練習を繰り返して矯正することで、リスニング能力の大きな向上が期待できます。

それと同時に、自らもより正しい発音に矯正することで、相手が誤解すること無く、自分の発話を的確に受け取ってもらえるスピーキング能力の向上にもつながります。発音の基礎を作ることは、英語を聞き分ける能力だけでなく、相手に正しく伝わる英語を話すことができるという、リスニング・スピーキング両面に渡る学習効果が期待できます。

オンライン英会話の発音レッスン

オンライン英会話各社では、発音の矯正につながる教材や、それに対応するカリキュラムを用意し、受講生の必要性に応じたレッスンを提供しています。ここでは、各社の違いを見ていきます。

DMM英会話では、短母音、長母音、二重母音、有声子音、子音、無声子音という発音の基本教材を一通り取り揃えるだけでなく、英語の早口言葉で講師と一緒にできるレッスンや、マザーグースを教材に使った自然な発音を習得するレッスンを提供しています。

レアジョブでは、全部で24ユニット(20ユニット+復習4ユニット)の発音教材を用意しており、1ユニット1レッスン分を前提に、母音や子音といった正しい発音の練習から、リスニングの基礎を身につけてスピーキングの向上につながるレッスンを提供しています。

ネイティブキャンプでは、実践発音教材を提供し、個別の単語の発音練習ではなく、文章を読む中で苦手な発音を発見して矯正するレッスンを展開しています。初級~上級に対応し、通じる発音と自然なイントネーションでリスニングの向上にもつなげます。

ラングリッチでは、「スピークリッチ」という自社開発のテキストとレッスンで、カナカナ英語を卒業し、リスニング技能の向上につながる授業を用意しています。似た音の要素をまとめて効率的に学び、舌の形から英単語、英文、早口言葉に挑戦まで一貫した練習が可能です。

その一方、使用教材やレッスン内容を自由に提案してリクエスト(要望)できるオンライン英会話も数多くあります。各社が提供する教材やレッスンが退屈だと感じたり、自分の必要性に応じた発音の矯正を希望する方は、こうしたサービスを選ぶと良いでしょう。

DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプ、ラングリッチ、産経オンライン、エイゴックスなどは、各社が提供するカリキュラムの使用は任意であり、自分で教材やレッスン内容を自由に選ぶことができます。

こうしたオンライン英会話の多くは、レッスンの予約時にフリートークレッスンを選んで、使用教材やレッスン内容のリクエストを伝える場合が一般的です。発音の矯正に関しても、どういう進め方でどういうレッスンを受けたいのか要望することができます。

オンライン英会話各社では、発音矯正のレッスンに力を入れているところがとても多く見られます。無料体験で各社の違いを実感してみるのも良いでしょうし、自分で持ち込んだ教材を希望して、どれだけの感覚が得られるか試してみるのも良いと思います。

発音矯正の基本と学習法

発音自体は音ですが、実際に発声するのは口です。オンライン英会話では、講師に実際に発音してもらって口の形を作ってもらい、受講生がやってみせて講師からの指摘を受けることができます。

市販の教材にも、発音の矯正に使える参考書が無いわけではありません。例えばNHK出版から出ている『「やり直し英語」から始める 「ビジネス英語」3か月トレーニング』という本は、発音記号をしっかりと学ぶことができる入門書としておすすめできる良書といえます。

この参考書は、発音記号ひとつひとつについて、口の形や舌の形を図解入りで解説し、音声を識別する基本能力を身につけることができます。また、英文を組み立てるロジックを解説した参考書でもあり、英会話の基礎固めが発音から出来る優れた教材といえます。

『「やり直し英語」から始める 「ビジネス英語」3か月トレーニング』は、正しく聞き分けるためのリスニング技能や、正しく伝わるためのスピーキング技能の土台となる、一通りの発音記号の習得には最適な参考書としておすすめできます。

その一方、知識としてはわかっていても、実際に参考書を見ながらやってみて、果たして本当に自分の発音が矯正されたものになっているのか、正しい発音になっているのか、これは独学だけで確認することは難しいといえます。

そこでやはり、発音の矯正と確認に役立つのは、オンライン英会話といえます。ウェブカメラを通じたビデオ通信によるオンライン英会話の受講により、間違った発音に関して指摘を受けるだけでなく、講師に実際に口の形を作ってもらうことができます。

オンライン英会話なら、発声する際の口・舌の形や位置、イントネーションの違いなど、講師にリアルタイムでお手本を示してもらうことが可能です。それと同時に、その場で自分もやってみせて、おかしい点は講師に指摘をもらって何度でも練習することができます。

発音の矯正は、オンライン英会話のレッスンを受ける場合も、自分で参考書を使って練習する場合も、やると決めたら集中して習得することをおすすめします。いつまでも漫然と受講したり、参考書を少しづつ進めているよりも、一気に身につけたほうが学習効果は高いと思います。

発音の矯正は、基本的な発音記号の理解や単語から英文につながる基礎固めは、参考書を使って独学でも行うことができます。その一方、自分で出来ているかどうか自信の無い発音に関しては、オンライン英会話を積極的に活用してリスニング・スピーキング両面の向上につなげていきましょう。

スポンサーリンク