オンライン英会話の準備

2016年12月26日

オンライン英会話で準備するものとしては、受講に必要な物理的なもの、英会話に関する最低限の英語のルールを知っておくべきスキル的なもの、および、レッスンごとの準備(予習やレッスン中の心構えなど)が挙げられます。ここでは、それぞれについて詳しく説明していきます。

オンライン英会話で準備するもの

このうち、物理的に準備するものとは、オンライン英会話の受講環境です。インターネット接続回線と接続端末(パソコン、スマホ、タブレット)は必須といえます。このほか、ヘッドセットとウェブカメラも接続端末の仕様によっては準備すべきものです。

ヘッドセットはヘッドフォンとマイクが一体となった機器ですが、パソコンに同等の機能が内蔵されていたり、スマホのイヤフォンマイクで代用する場合は準備する必要はありません。

ウェブカメラは、インターネット経由でリアルタイムに動画配信できるツールです。パソコンに内蔵されている場合や、スマホ・タブレットの場合は準備する必要はありません。

なお、ウェブカメラは必須では無く、音声のみの通話でレッスンを受講できる場合も多いのですが、互いの顔やジェスチャーを確認することはコミュニケーションのトレーニングにもなるため、準備しておくことが望ましいといえます。

また、実際のオンライン英会話の受講は、マイクロソフト社提供の「Skype」という無料インターネット通話サービスを利用する場合が一般的です。Skypeはマイクロソフト社の公式サイトから専用ソフト(アプリ)をダウンロードして使うことができます。

Skypeはマイクロソフト社が開設しているSkype公式のダウンロードページにアクセスし、インストールを行ったら、メールアドレスなど必要事項を入れて登録することで使うことができます。

Skypeは、基本的な機能はすべて無料で使うことができます。オンライン英会話で使う上ではすべて無料で済ませることができるため、有料プランに申し込む必要はありません。

オンライン英会話で準備すべきものに関しては、各社とも公式サイトでマニュアルやヘルプページなどで公開しています。Skypeのダウンロードからインストール、設定方法に関してつまづいた場合も、こうした各社のサポートページが参考になります。

なお、オンライン英会話でより高い学習効果を引き出す、Skypeの効果的な活用法について、オンライン英会話とSkypeで取り上げています。

オンライン英会話の準備(英語スキル面)

オンライン英会話は、英語学習の経験が全く無いという方が受講することも十分おすすめできます。これについては、超初心者のオンライン英会話で取り上げています。

一方、スキル的な意味での準備としては、中学英語レベルの英文法に関する知識さえあれば、どなたでも受講できます。目安としては、英検3級以上の能力が望ましいといえます。

TOEICでいえば、オンライン英会話の受講時点で、TOEIC400~600点の方は特にリスニングやスピーキングで高い学習効果が期待できますし、600点以上の方はこれにライティングやリーディングを加えた4技能の幅広い学習効果が期待できるといえます。

さらに、オンライン英会話で何から始めれば良いか不安な方は、サポートやカウンセリングといった受講相談を利用して、レッスン内容や使用教材の希望を伝えてみるのも良いでしょう。

受講の目的や使いたい教材、受けてみたいレッスン内容が明確な方は、講師にどんどん提案して構いませんし、準備の段階からレッスンの主導権を握るのは受講生の皆さんだといえます。

その一方、オンライン英会話において必須の準備とはいえませんが、講師とのやり取りでよく使う表現を練習すると良いでしょう。簡単な挨拶、自己紹介、聞き取れなかった場合に聞き返す場合、意味やスペルを質問するなど、定型的な表現を練習しておきましょう。

こうした学習準備には、市販の教材にもオンライン英会話向けに定型表現をまとめた良書がたくさんありますし、オンライン英会話各社の公式サイトでも「よく使う表現」をまとめている場合があります。

オンライン英会話の準備(予習/レッスン中/復習)

オンライン英会話ではレッスン前の準備として、使用予定の教材の予習を10分程度でも良いので習慣化すると、オンライン英会話の学習効果が大いに高まります。

オンライン英会話の予習といっても、何も単なる知識を競い合う受験勉強をするわけではありませんから、気軽な気持ちで10分程度事前のセルフトレーニングを行えば十分です。

具体的には、使用予定の教材の閲覧、速読、音読や、初めて見る単語や表現の発音・意味を調べておいて確認することが挙げられます。

こうした予習は、オンライン英会話の学習面での準備だといえます。その一方、レッスン後にも、聞き取れなかった部分やレッスン中に初めて知った単語・フレーズの再確認といった復習を同じように行うことで、自分が使える英語の幅がどんどん広がります。

さらに、受講中の備えとしては、分からなかった点はその場で聞き返したり、チャット機能を使って書き出してもらうことも重要です。「問題はその場で解決する」という姿勢は、オンライン英会話を効果的な学習にするために、とても大切なスタンスといえます。

オンライン英会話では、予習・復習を行うことで、英語力の強化という学習効果が一段と高まります。当サイトでも、以下の記事で詳しく説明しています。

スポンサーリンク