オンライン英会話のおすすめは?

2017年1月4日

今回は、オンライン英会話のおすすめサービスを軸に取り上げていきます。初心者、中・上級者におすすめのオンライン英会話スクールや、パソコン・スマホに限らずタブレットでのオンライン英会話、ヘッドセットで受講する場合のポイントなどを取り上げます。

なんといってもオンライン英会話で最もおすすめできるのが、レアジョブとDMM英会話です。非常に安い低料金に比べて受講できるレッスン内容があらゆるニーズに対応しており、両社ともコストパフォーマンスが非常に高いサービスといえます。

レアジョブはフィリピン大学の大学生、大学院生、卒業生を中心に優秀な講師を多数抱えており、累計50万人を超える会員数と1000社以上の法人企業等の導入実績があり、オンライン英会話業界では文句なしの最大手といえます。

DMM英会話は激安プランの導入でオンライン英会話に価格破壊をもたらし、レアジョブに引けを取らない2大サービスの一角といえます。こちらは豊富な料金プランを用意しており、フィリピンを中心に東欧、中南米、英米圏など60カ国の講師が在籍しています(DMM英会話について)。

初心者におすすめのオンライン英会話

初心者におすすめのオンライン英会話としても、やはりレアジョブかDMM英会話ということになると思います(初めてのオンライン英会話が全然ダメでも全く問題無い)。初心者の場合、挨拶や自己紹介から徐々にフリートークの幅を広げ、レッスン中に沈黙が出なくなったり、英語を通じて講師と良い関係が作れるようになったら、学習効果が出てきたといえます(超初心者のオンライン英会話)。

特にDMM英会話は、日本語OKの講師が多く、世界中の幅広い国から講師が選べる点が強みといえます。講師検索やレッスン予約といった公式サイトも非常に使いやすく、ネイティブプランというネイティブの講師を選べるプランも提供されています(オンライン英会話の講師の選び方)。

レアジョブも、日本語OKの講師が多く初心者におすすめできます。こちらは4000人以上の講師が在籍し、高学歴で知的水準が高いフィリピンの講師が中心です。フレンドリーで丁寧な講師が多く、3000種類でレベル別・目的別に提供される独自教材も高品質といえます(違うタイプの先生をどんどん選んで受けよう)。

この2社を無料体験してみて合わなかったと感じたら、産経オンライン英会話がおすすめです。こちらは職業別英会話や英語教科書準拠といったユニークなコースもあり、全体的に使い勝手では劣るものの、堅実で真面目なオンライン英会話サービスといえます。

中級・上級者におすすめのオンライン英会話

ここでは、中級・上級者におすすめのオンライン英会話を取り上げます。

まず、自己紹介やフリートークに慣れた方は脱ビギナーといえますし、こうした方は、英字ニュースやディスカッションなど中級用教材を使って、速読・音読・要約・講師との討論形式のレッスンを通じ、「英語で相手の考えを理解し、英語で考えて自分の考えを伝える能力」を鍛えます(中級者のオンライン英会話)。

また、上級者の方は、初見の英文を読んで1分で自分の考えをまとめ、3分間英語で話すスピーチ練習や、YouTube・海外メディアなどの動画を見て、そのテーマに関して話し合う、あるいは、より高度で専門性が要求される場面でのロールプレイングを行います(上級者のオンライン英会話)。

さらに上級者なら、英作文・英文手紙・英語企画書などのライティングの添削や、オンライン英会話各社が提供する既存の教材にこだわらず、自分でどんどん教材を持ち込んでレッスンの提案を行い、読む・聞く・話す・書くの4技能を総合的に引き上げられます(オンライン英会話は受講生がリードしよう)。

中級者、上級者どちらの場合も、やはりオンライン英会話の2トップと言えるレアジョブやDMM英会話がおすすめです。教材・カリキュラムの質だけでなく、日本語OKのサポート体制やトラブル時の対応、公式サイトの使い勝手と言った利便性など、総合力で抜きん出たサービスといえます。

特に中・上級者の方にも、会話、発音、ディスカッション、ロールプレイング、英字記事、日常英会話、ビジネス英語、TOEIC対策といった目的別カリキュラムが、入門、初級、中級、上級などの段階別に網羅され、実に豊富な教材を追加料金無しで利用できる点は大きなメリットです(オンライン英会話の教材)。

この2社以外では、ビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)、毎回のレッスンでライティングが必須となっているBest Teacher(ベストティーチャー)、予約なしなら回数無制限で何度でも受講できるNativeCamp(ネイティブキャンプ)がおすすめです。

これらのオンライン英会話は、レアジョブやDMM英会話に比べて専門性が高く、独特のレッスン形態や料金システムを導入しています。総合的には先の2社が勝るものの、目的がはっきりしていてレッスンの受講頻度も数多く確保できれば、こうした個性派オンライン英会話もおすすめです。

タブレットでオンライン英会話も?

意外と多い質問が、タブレットでオンライン英会話ができるのか?という点です。結論としては、パソコンがあるならタブレットでの受講はおすすめしませんが、スマホより多少はメリットがあるかと思います。

タブレットがスマホよりもオンライン英会話でおすすめできる点があるとすれば、やはり画面の大きさです。単純にビデオ通話なら互いの顔を大きく見ることができるという安心感もあります。

また、オンライン上の教材を読んで講師の質問に答えるときなど、画面を頻繁に上下スクロールする必要が生じます。こうした点がストレスと感じる方には、スマホよりはタブレットのほうがおすすめできるかと思います。

とはいえ、タブレットの場合もスマホと同じく、Skypeの通話画面を見ながらチャットボックスを表示したり、Web辞書を利用して調べ物をするといったことが、とても面倒です。

Skypeの通話画面を開きながら、ゆっくりとチャットボックスを利用したり、調べ物をするといった使い勝手でいえば、やはりパソコンでの受講が最もおすすめできます(オンライン英会話とSkype)。

オンライン英会話でおすすめのヘッドセット

ここでは、オンライン英会話でおすすめのヘッドセットを取り上げます。パソコンでもスマホでも、内蔵マイクや内蔵スピーカーがあればヘッドセットは不要なのですが、内蔵スピーカーの音を内蔵マイクが拾ってしまい、講師が受講生の声を聞き取れない現象があるため、できればヘッドセットの使用をおすすめします(オンライン英会話のヘッドセット)。

ヘッドセットの接続方式では、USB接続かワイヤレス接続(Bluetooth)がおすすめです。ワイヤレスタイプでもオンライン英会話など通話の用途なら、音楽再生の場合と違ってデータの圧縮方式が異なるため、音質の劣化はほとんど問題にならないと思います。

髪型を気にする方には、ネックハンドタイプのヘッドセットがおすすめです。これは、一般的な頭の上をまたぐヘッドセットと異なり、首の後ろから耳に掛けるタイプです。締め付けがややきつく、長時間の使用やメガネ着用の方には不向きですが、軽量で疲労を軽減したタイプもあります。

ヘッドセットのノイズ音が心配だという方には、ノイズキャンセラー機能がついたヘッドセットがおすすめです。これは、周囲の雑音を低減する機能であり、金額は高めになるものの、音質にこだわる方にはおすすめです。

スポンサーリンク