英語学習者のオフ会イベントにも参加しよう

オンライン英会話は自宅や外出先でもレッスンを受講することができますし、通学制の英会話スクールのように通う必要もありません。インターネット回線を使った受講形態が一般的で、非常に安い料金ながら良質のレッスンを受けることができます。

このように非常に利便性が高いのがオンライン英会話ですが、その一方、マンツーマンであれグループレッスンであれ、基本的にはひとりで受講する形態です。モチベーションの継続は自分の「続けたい」という気持ち次第という側面があります。

オンライン英会話を続けていると、「自分のやり方で良いのだろうか」「あまり上達してない気がするが他のひとはどうなんだろう」などと思うこともあると思います。こう思われる方は、英語学習者のオフ会に参加することをおすすめします。

英語学習者が集まる交流会や勉強会に参加することで、それまで抱いていた学習上の不安や疑問を共有することができますし、オンライン英会話に対する高い学習意欲を継続させるモチベーションの維持にもつながります。

オンライン英会話を始めたからといって、家族や親戚、学校の友達や会社の同僚には、こうした学習上の不安や受講における疑問をわかってもらえるとは限りません。やはり同じ経験を持った者同士の交流は、大きな支えになると思います。

また、英語学習会のオフ会とひとことで言っても、非常に多種多様なイベントが開かれています。オンライン英会話各社が主催する受講生の交流会や勉強会、人気講師を招いたトークセッション、SNSでつながった英語学習者の集まりなどが開催されています。

対面式のオンライン英会話で会話をすることに慣れきってしまって、実際に1対1やグループで英会話を行うときに上手に聞き取れなかったり、うまく話せないということが無いためにも、こうしたオフラインでのイベントに参加することが重要です。

オンライン英会話を提供するサービス各社のなかには、こうした受講生向けイベントや一般向けに開放したイベントも多数開催する場合があります。

その一方、TwitterやFacebookなどでつながった英語学習者どうしが自主的に集まるオフ会や、オンライン英会話の受講生に限定したオフ会を開く場合も見られます。

ある程度オンライン英会話で英語の技能が身についてきた方が、英会話の上達に壁を感じたり、これ以上伸びないのでは無いかと悩むようであれば、こうしたオフラインのイベントに参加してみる価値は十分にあるといえます。

オンライン英会話主催のイベント

オンライン英会話各社のうち、こうしたオフラインのイベントを積極的に開いてきたのはDMM英会話とレアジョブです。受講生限定だけでなく、一般向けに実施したり、親子向けや女性限定、東京以外の地方で開催といったイベントが見られます。

DMM英会話では、モニター受講生による英語スピーチイベントを開催し、その後のアフターパーティ(立食パーティ形式のユーザー交流会)も含めた参加者として、受講生100名を無料で募集するイベントを実施したことがあります。

また、人気のネイティブ講師を招いた特別講座、日本代表経験のあるサッカー選手を招いたトークイベント、オックスフォード大学出版局との親子向け英会話イベント、軽食やミニゲームを交えた受講生対象の交流会イベント、オンライン英会話の活用セミナーなどの開催実績があります。

レアジョブでは、英語女子会と題して、女性限定で定期的にオンラインコミュニティや英語女子会限定のイベントに参加できるメンバーを募集してきました。この交流会では、英語を通じた茶道の体験や、外国人参加者に和食を教えていく料理イベントなどの実施実績があります。

レアジョブは、オフラインのイベントのなかでも、特に英語学習に関する大相談会に力を入れてきました。また、親子向けセミナーや子どもたちの学習会、英語学習に関するセミナーにも取り組んできた開催実績があります。

オンライン英会話各社が取り組んでいるオフラインのイベントは、数十人規模の受講生が集まる機会となることが一般的です。実際にグループに分かれて英会話を実践するイベントもあれば、受講生どうしがレッスン上での経験を話し合う貴重な機会となります。

こうしたイベントに参加して気づくことは、「自分だけじゃない」ということです。英語学習上の壁に当たったり、レッスンの受け方がこれで良いのかと感じることもあるかと思います。こうした疑問や不安を共有することは、学習意欲の維持につながります。

なかには、オンライン英会話の人気講師や、英語学習に関して話題の著名人を招いたトークイベントもあります。受講生どうしの会話だけでなく、こうしたイベントを通じて、英会話をより良く上達させるヒントを得ることも、オフ会のメリットといえます。

英語学習者のオフ会

その一方、こうしたオンライン英会話各社が公式に主催するイベントとは別に、英語学習者が自主的に集まるオフ会もたくさん存在します。こちらの場合は、オンライン英会話の受講生に限定したものもあれば、英語学習者が広く集まる交流会もあります。

こういったオフ会は、オンライン英会話各社主催のイベントよりも自由度が高く、交流会や勉強会の内容も非常にさまざまです。英語学校を主宰する方や、英語学習に関する本の著者、あるいは英語に関する研究者が実施するオフ会もあります。

その一方、TwitterやFacebook、LINEなどのSNSを通じて知り合った英語学習者どうしのオフ会というのも、非常に盛んに行われています。オンライン英会話各社が主催するイベントで知り合った方々でグループができるといったこともあります。

こうした取り組みは、英語学習者が自主的に集まったオフ会が最も盛んですが、ワンコイン(500円)程度の参加費で自由に話せる英会話サークル、カフェスタイルの英会話スクール(いわゆる英会話カフェ)などもおすすめできます。

これらに共通することは、フリースタイルで英会話を練習できる機会があること、オンライン英会話の学習上の疑問を共有することができること、英会話の技能をより良く向上させる手がかりやTipsを得ることができる点にあるといえます。

どちらかといえば、自主的に集まった英語サークルは、英語学習者どうしの学習法を話し合ったり、英会話の学習における疑問や質問を相談してみたり、英語を通じて交友関係を広げるのに向いている交流形態だと思います。

その一方、有料の英会話サークルや英会話カフェなどは、やはりサービス事業として行っている場合が多く、リアルな実生活における英会話の練習としての強みがあると思います。

オンライン英会話では対面式で1対1の受講形態が一般的です。それに加え、ヘッドセットを装着して受講すると、自分の発音は口元から発することで十分ですし、相手の発音は耳元にまで届きます。

これに対し、実社会における英会話はそうはいきません。相手の耳元に届けるだけのハッキリとしたクリアな発音や、1人とは限らない相手方の発音を聞き分ける能力が必要です。

オフラインの英会話イベントやサークルなどは、こうした実際の英会話そのものを練習する貴重な機会としておすすめです。オンライン英会話では再現しきれない、相手の様子を体感しながらの英会話の練習に最適といえます。

もちろんそれ以上に、英語学習者のオフ会は、他の方々の学習法を知ることができたり、自分がどうして伸び悩んでいるのかを相談できるといったメリットが挙げられます。オンライン英会話は非常に学習効果の高いレッスンですが、こうしたオフラインのオフ会を定期的に入れていくことで、英語学習への意識を高く維持することができます。

タイトルとURLをコピーしました