超初心者のオンライン英会話

2017年1月12日

今回は、超初心者のオンライン英会話について取り上げます。ここでは、学校の英語教育や受験勉強以外に英語の学習経験が全く無い超初心者や、英検3級以下、TOEIC400点未満といった英語レベルを想定しています(初めてのオンライン英会話が全然ダメでも全く問題無い)。

超初心者でもオンライン英会話は使えるか?

まず、こうした超初心者でもオンライン英会話を受けて良いものかどうか?という点については、これはもう全く問題ありませんし、むしろ積極的に受講をおすすめしたいところです(オンライン英会話の準備)。

英会話に興味はあるが、何から始めたら分からないという方でも、オンライン英会話では自社開発のオリジナル教材をレベル別に豊富に揃えています。その一方、自分の必要性や関心がある分野に応じて受講したいという方にも、レッスン内容や教材を自由にリクエストできますし、一律強制では無いカリキュラムで柔軟に対応しています(講師へのレッスン内容リクエスト(要望)機能)。

例えば、基本表現や文法・単語を一通り覚えたり、定型フレーズを繰り返しリピート練習することも、超初心者のうちは重要なことです。ただそれは独学でも可能ですし、こうしたレッスンがつまらないと感じたら、自分から自由にレッスン内容を提案することもできます。

オンライン英会話における超初心者の方の目標は、とにかく講師との会話で沈黙を作らず、気負わずに講師と仲良くなることを目指しましょう。なお、やはり英会話には最低限の英語のルールが必要ですから、市販の教材で最低限の知識は学習しておくと良いでしょう(先生と良い関係を築こう)。

オンライン英会話は、とてもアウトプットに適した学習方法です。英会話に必要な最低限の知識は中学レベルの英文法や単語の知識です。学校教育のように機械的に知識を詰め込んだり、高校受験のように参考書を何冊も読んで深追いする必要もありません。

現在では、英会話に必要な中学英語を社会人が気軽に学び直せるように、さまざまな良書が市販されています。どれでも気に入った本が1冊あれば十分ですし、その知識を土台にしつつ、実際にそれを駆使する能力の習得のため、オンライン英会話を英語学習のメインとしておすすめします。

オンライン英会話では、入門~初級用教材で、定型的な基本表現を一通りまとめていたり、挨拶や自己紹介といった会話のヒントとなる表現集やテキストなど、超初心者でも安心して学習できる環境が整っています(オンライン英会話の教材)。

全くの超初心者のレッスンが、緊張のあまり声が出なかったり、教材を追うことが精一杯だったり、ほとんど発言できず気づいたら時間が過ぎていたということも珍しくありませんし、全く心配する必要はありません。

より重要なことは、レッスンごとにもらったフィードバックを活かし、次回からは言えなかったり間違えたりわからなかった表現を使えるように復習することです。これをレッスンのたびに繰り返すことで、自分が聞ける英語・話せる英語がどんどん増えていきます。

自己紹介と言っても、自分や講師のことをレッスン上でなんと呼んでほしいか、現在の英語レベルや受講を始めた目的や将来の目標、食べ物や趣味・特技、自分の会社や学校のこと、お互いの国の文化や流行についてなど、さまざまな場面を自分で表現したり、質問をして答えあったりといったトークへと広がっていきます。

こうしてどんどん英語で表現できる幅を広げ、レッスンを繰り返すうちに挨拶や自己紹介は一通りこなせるようになったら、超初心者のレベルは脱したといえます(自己紹介は適度にとどめ、本題を中心に)。

このようにオンライン英会話は、単なる知識としての英語ではなく、英語を話せたり聞こえたりできる技能を実生活に活かせる能力として習得するのに最適な学習形態といえます。

超初心者向けのオンライン英会話

超初心者向けのオンライン英会話としては、DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプがおすすめです。

超初心者向けのオンライン英会話:DMM英会話

DMM英会話は、6800以上の教材が、10段階のレベル別や会話・文法・ビジネス・旅行・試験対策(英検・TOEIC)・語彙・フリートーク・レベル測定など目的別に用意され、すべてのカリキュラム・教材が追加料金無しのすべて無料で使うことができます。

特にDMM英会話では、講師検索のシステムが細部まで行き届いており、さまざまなな条件で絞り込み検索を行い、少しでも自分に合ったより良い講師選びがしやすい仕組みになっています(DMM英会話について)。

DMM英会話は、1日1・2・3回までの受講から選べる月額固定の定額制料金プランが圧倒的に安い格安料金です。これに加えてネイティブ講師が選べる料金プランもあります。

DMM英会話は、非常に安い料金設定で良質のレッスンを提供しているオンライン英会話です。24時間受講OKでさまざまなサービスが行き届いており、超初心者から上級者まで、レベルアップしても使い続けられるオンライン英会話としておすすめです。

超初心者向けのオンライン英会話:レアジョブ

レアジョブは3000以上の教材が、会話・トラベル・発音・ディスカッション・文法・TOEFL・ビジネス・TOEICなど目的別、および、10段階のレベル別に提供されます。ビジネス英会話プラン専用の教材と一部のTOEIC教材を除けば、どのコースでもあらゆる教材を選ぶことが可能です。

レアジョブは日常英会話とビジネス英会話の料金プランがあり、一部のTOEIC教材はTOEIC対策コース専用となっています。特にオリジナル教材は高品質で、教材やカリキュラムはサービス側におまかせしたいという方に最適です(オンライン英会話とTOEIC)。

レアジョブは、一般的なオンライン英会話にありがちな通信トラブルなどへの対処に定評があり、サポートの迅速な対応に優れたオンライン英会話といえます。また、定期的な目標設定と到達度の確認ができたり、困ったときにその場で相談できるカウンセリング制度をオプションで提供しています。

レアジョブはカウンセリングが自由に使えるオプション込みの料金でも、月額固定の定額制で1日1回の受講ができるリーズナブルな料金プランを提供しています。日本人カウンセラースタッフがさまざまな学習相談・受講相談に応じており、このオプション込みならレアジョブは超初心者でも十分おすすめできるオンライン英会話といえます。

レアジョブは1000社以上の法人企業の導入実績があり、超初心者から上級者まで高品質のレッスンを提供しており、あらゆるレベルの英語学習者を導いてくれる信頼性の高いサービスといえます(DMM英会話 vs レアジョブ)。

超初心者向けのオンライン英会話:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは、予約なしでその場で受講できるレッスン(「今すぐレッスン」)と、一般的なオンライン英会話と同様に、予約を行った上でのレッスン(「予約レッスン」)の両方が使えるオンライン英会話です。

ネイティブキャンプは、今すぐレッスンなら、低めに設定された月額固定の基本料金だけで、毎月・毎日の回数無制限で、何度でも受講できるというオンライン英会話です。Skypeを使わず、独自の受講システムを採用していますが、特にスマホ向けの専用アプリの使い勝手は抜群です。

教材は5段階のレベルが設定され、初心者、日常英会話、ビジネス、発音の各コースは追加料金無しで全て無料で受講できます。講師検索は3社のなかで最も絞り込み項目が行き届いており、自分に合ったより良い講師を少しでも見つけやすくなっています。

優秀な人気講師にこだわって受講したいなら、追加料金が発生するものの予約レッスンの活用をおすすめします。毎日レッスンを受け続けるヘビーユーザーには不向きですが、予約受講が月10回(週2回)以内のペースなら、他社に比べてそう割高とはならないと思います(オンライン英会話の講師の選び方)。

ネイティブキャンプは24時間受講OKで、Skypeを使わない専用アプリの受講スタイルの利便性が高く、思いついたらいつでもどこでも受講できるオンライン英会話です。超初心者でも非常にフットワークが軽く、軽快に利用できるサービスとして十分おすすめできます。

超初心者向けのオンライン英会話まとめ

超初心者の方がオンライン英会話を受講することは、全く問題が無いどころか、早い段階から「英語を話すことを使って相手と良い関係を作る」能力を身につけるため、ぜひともおすすめできるところです(オンライン英会話に効果はあるのか)。

もちろん、超初心者であれば、オフラインの書籍教材を使って最低限必要な語彙や文法を習得することも必要です。しかし、英会話は単なる知識の蓄積だけでは全く使い物にならず、実際の会話を通じて実用上使える英語にする必要があります。

この点では、全くの超初心者でも無理の無い会話レッスンが楽しめるオンライン英会話は、英語でのやり取りを通じたコミュニケーション能力の養成に最適です。最低限必要な定型表現の習得や、挨拶や自己紹介など基本的な会話能力の練習から入ることができます(好きなことを話すレッスンを取り入れよう)。

超初心者に最適なオンライン英会話としては、先述通りDMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプをおすすめしました。各社の特色やメリットは先に挙げたとおりです。

その一方、3社に共通しているのは、各社提供の独自教材・推奨教材の使用は任意であり、会社の英語資料の確認、学校の課題を使った指導、自作の英作文でライティング指導を受ける、オンライン・オフライン問わずさまざまな英語の教材・題材を使いたいといった、フリートークを活用するなど、教材やレッスン内容の要望が自由にできる点です。

こうしたリクエストは、Skype経由のオンライン英会話(DMM英会話、レアジョブ)ならSkypeのチャット機能・共有機能でファイルなどをやり取りできますし、ネイティブキャンプではGoogleドライブなどを使ったやり取りを容認しています(講師へのレッスン内容リクエスト(要望)機能)。

これらは、既存の教材を使ったレッスンが自分には合わないという方や、自分の興味・関心がある素材から必要な英語技能を磨きたいという目的がはっきりしている方まで、非常に幅広く柔軟なカリキュラムで、レッスン内容の自由度が高いオンライン英会話といえます(オンライン英会話スクールの使い方)。

スポンサーリンク