中級者のオンライン英会話

2017年1月13日

オンライン英会話で中級レベルに入って良いと言える目安は、挨拶や自己紹介が難なくこなせるようになり、どの講師ともフリートークすることに慣れてきた段階だといえます。フリートークでは物足りなく感じてきたら、レベルアップをはかって良い頃だと思います。

この段階では、英字ニュースやディスカッション教材を使ったり、テーマを決めたトークを通じて、さまざまな分野の語彙や表現を広げるとともに、英語で相手の考えを理解し、英語で自分の考えを表現するという、単なるおしゃべりよりは一歩踏み込んだ英語会話能力が目標といえます(アーティクル・ディスカッションを実践しよう)。

また、発音の確認を行ったり、会社や学校の資料や課題を持ち込むなど、リスニングやリーディングだけでなく、スピーキング・ライティングを加えた英語の4技能すべてを引き上げていくレッスンも、中級レベルでは意識的に取り組んで良い時期といえます(オンライン英会話は英語ガイドや英語電話も練習出来る)。

ここでは、オンライン英会話における中級レベルの賢い学習法を取り上げます。

オンライン英会話の英字記事レッスン

まず、英字ニュースを使ったアーティクルレッスンは、さまざまな分野における語彙や表現が入ってくるだけでなく、英語のさまざまな技能をトータルでレベルアップできる優れたレッスンとなります(ニュース記事のレッスンを受けよう)。

英字ニュースは、初見の英文の通読を通じて、早く正確に内容を把握するリーディングの練習になります。その後、正しい発音を意識しながら音読します。レッスン中に適度な頻度で発音を指摘して、その場で一緒に練習してくれる講師も多くおられます。

通読と音読を済ませたら、記事を要約してみましょう。レッスンの最後には、記事に対する自分の考えを表したり、講師と話し合ってみましょう。こうした練習は、英語で読み取った情報を自分の頭で英語で考えて表現するスピーキングの向上につながります。

このように英字記事を使った学習は、記事を使ったリーディングやスピーキング、記事に関するディスカッションを通じたリスニングとスピーキングの学習効果があり、記事の要約や記事に対する設問を自分で書き出してみればライティングの練習にもなります。

例えば、DMM英会話ではデイリーニュースとデイリーニュースライト、レアジョブではデイリーアーティクルニュースとビギナーニュースアーティクルが提供され、中上級者向けと初級向けの英字ニュース記事を毎日更新しており、一部を除きサイト上に無料で公開しています(オンライン英会話の教材)。

産経オンライン英会話では、無料公開のニュースサイト『News in Levels』ですべてのニュースに関して3つのレベル別の英文記事があり、ニュース動画まで公開されています。

これらのサイトは、ニュース記事で出てきた単語・表現が発音も含めて一覧になっていたり、記事の内容に関する質問や討論のテーマなどを掲載した場合が多く、レッスン内容の準備やフィードバックにも使えます。

もちろん、自分で持ち込んだ題材の使用OKというオンライン英会話なら、ニュースサイトや海外メディアのURLを講師に送るなどして、Web上の情報を教材にすることができます(講師へのレッスン内容リクエスト(要望)機能)。

特におすすめなNHK語学サイトの「ニュースで英会話」も、適度な長さの英文が和訳付きで閲覧できますし、NHK語学にログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーが確認できます。もちろん、New York Times、BBC、CNN、VOAなども良い教材となります。

オンライン英会話・中級者のテーマ探し

中級者がオンライン英会話でテーマに沿ったレッスンを受ける場合、先述の英字ニュースを使ったレッスンであれ、自分で画像や資料など題材を用意する場合であれ、自分の興味や関心だけで選んでいては、新たに学ぶボキャブラリーや表現の幅に限度が出来てしまいます。

中級レベルの方なら、講師と話すこと自体は比較的容易になってきたはずです。これに更にレベルアップをはかるなら、政治・経済、社会・文化・流行、映画・音楽・アニメ、科学・医療・福祉など、さまざまなテーマから題材を選ぶことをおすすめします(好きなことを話すレッスンを取り入れよう)。

オンライン英会話でレッスンを受ける前に、自分が選んだテーマに関する単語やフレーズなど関連用語を調べておき、レッスンのなかでどんどん使っていきましょう。もし間違った発音や使い方をしていたら、講師が指摘してくれます。

こうすることで、単に単語と意味を機械的に覚えるのではなく、その発音や適切な使い方を習得することができます。もちろん、記事の内容に応じて、その分野に強そうな講師を選ぶようにしましょう(オンライン英会話で発音の矯正を)。

ニュース記事のレッスンは、英語の4技能の向上に加え、さまざまな分野のテーマごとに使える英語を増やす学習効果もあります。まんべんなく一通りのテーマをこなしていけば、相当の実力向上につながるといえます。

中級レベルのオンライン英会話講師の活用法

脱ビギナーの中級者の方なら、オンライン英会話の講師を積極的に活用したいものです。それはまず、講師選びの時点で始まっています(オンライン英会話の講師の選び方)。

例えば、発音練習が得意な講師、ディスカッションの経験が豊富な講師など、レッスンの内容に応じて講師を選び分けるのもポイントです。ライティング経験が多い講師、フリートークが得意な講師など、絞り込んで選ぶようにしましょう。

英語での採用面接の模擬面接、会社の英語資料の確認、プレゼンの練習などは職務経験のある講師を選んだほうが良いと思いますし、フリートークといっても特定のテーマごとに得意分野を持った講師を使い分けるようにしましょう。

中級者ともなれば、オンライン英会話のレッスンにおいて、自分が主導権を握る感覚で、どんどんリクエストや質問を行って良いと思います(オンライン英会話は受講生がリードしよう)。

自分で教材を解いてみたが、どうしてこのような解答になるのか、あるいは、この記事のこの部分がよくわからない、といった質問をどんどんぶつけてみるのも良いことです。

また、特定のテーマに関するレッスンを行う場合、その分野の専門用語や表現をできるだけ多く使うようにお願いするのも良いでしょう。初見の単語や聞き取れなかった表現をチャットに書き出してもらったり、フリーソフトを使ってSkypeレッスンを録音・録画するのも良いと思います。

オンライン英会話のフリーレッスン

DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプ、ラングリッチ、産経オンライン英会話などでは、自分で用意したインターネット上の記事やファイルを題材にして、レッスン内容を自由に要望することができます。

DMM英会話では、レッスン予約画面の「その他の希望」で希望サイトのURLを入力したり、Skypeのチャット機能を利用して共有することで、自分が用意した教材でのレッスンを受けることもできます(DMM英会話について)。

また、DMM英会話は6800種類以上の教材を用意しており、オリジナル教材のほか、定評のある市販教材も指定していて、これらすべてが追加料金無しの無料で自由にウェブ上で使うことができます。

レアジョブもSkypeのチャット機能を使って、Web上の教材、画像やファイル、添削してほしい英文などを送信し、自分が用意した教材でレッスンを受けることができます。

レアジョブの提供教材も3000種類以上用意されており、目的別・段階別に非常に優れた高品質の独自教材といえます。その一方、一切カリキュラムに沿わず、マイペースにレッスンを進めることもできます(DMM英会話 vs レアジョブ)。

ネイティブキャンプはSkypeを使わない受講形態であり、ファイルの共有はGoogleドライブなどのファイル共有ソフトを使うことが容認されています。ネット上で共有できる題材ならなんでもレッスンに使えますし、英文の添削などにも対応します。

ラングリッチもSkypeのチャット機能を通じて、英文の添削をお願いしたり、ネット上に公開されたニュース記事やメディアなどを教材として使用することができるとしています(Skypeのチャットボックスを活用しよう)。

産経オンライン英会話では、フリートークレッスンを選べば、海外のニュースサイトを取り上げて分からない点を説明してもらったり、外資系企業などを想定した模擬面接を受けたり、英文メールのチェックを受けるなど、フリートークに限らず自由にリクエストができます。

なお、DMM英会話やネイティブキャンプでは講師検索で「フリートーク」「ディスカッション」「ライティング」など入力して絞り込むことができますし、どのサービスの場合も、自分が希望するレッスン内容が得意だったり、十分な対応ができそうな講師を選んでおくことが無難だと思います。

(→違うタイプの先生をどんどん選んで受けよう

オンライン英会話の場合、フリートークレッスンを選べば、いわゆるフリートークだけでなく、自分で用意した教材や題材を持ち込んで、自由にレッスン内容をお願いすることがOKというサービスが見られます(フリートークの学習効果を引き出そう)。

中級者向けのオンライン英会話としては、こうした自由度が高いレッスンがOKというサービスから選ぶことをおすすめします。この段階では、好きなテーマや題材で英語の4技能を高めることが、大きな学習効果につながるといえます。

スポンサーリンク