好きなことを話すレッスンを取り入れよう

2017年1月18日

オンライン英会話では、時には好きなことを自由に話すレッスンを織り込んで行くのも効果的だと思います。受講を始めて2~3ヶ月位で、挨拶や自己紹介といった基本的な表現が身につき、既存の教材では物足りないと感じ始めたら、これを試してみましょう。

このレッスンの目的は、英語がどんどん口から出てくる経験を体感することです。話したいことや伝えてみたいことがあれば、それ以外のレッスンでは詰まることがあったとしても、基本的な単語や表現が身についてきたら、練習する価値は十分にあります。

好きなことを話し出せば、夢中になって話が止まらないという方も少なくないはずです。それを英語でやってみるレッスンを自ら提案し、実践してみましょう。

DMM英会話、レアジョブ、ネイティブキャンプ、産経オンライン英会話など、フリートークレッスンを選べるオンライン英会話はたくさんあります。こうしたフリートークが得意な講師も多く、テーマも受講生の側が自由に提案できます。

話題に出てきそうな題材や使ってみたい単語・フレーズなど、英語で表現したいものをあらかじめ調べておくのも良いでしょう。レッスンでどんどん使ってみて、使い方が間違っていたり、発音の訂正など、随時指摘してくれる講師もたくさんおられます。

こうしたレッスンでは、正しい英語を話すというよりも、さまざまな分野から自分が関心があったり興味の高いテーマを好きに選び、それをどう表すかを自分で組み立てて試していくことが中心となります。

こうしたレッスンでは、文法的に厳密できちんとした英語を話さなければいけないといったこだわりよりも、好きなテーマを自由に話してみることで、英語で次々に表現していくパフォーマンス能力の向上を目指しましょう。

もちろん、好きなことばかり話すには、英語の文法的な基本的ルールや単語、発音といった基礎の部分がある程度できていることが前提です。このレッスンを始めるのは、オン挨拶や自己紹介は難なくこなせるようになった時点で始めるのが最適です。

また、こうしたレッスンは英語で話し続け、互いに英語で理解し合うキャッチボール能力を鍛えるのにも最適です。その一方、既存の教材を使った一般的なレッスンも、実用的な英語表現の理解を深める上ではとても重要です。

このため、ベースとなる英語力を高めるための一般的なレッスンを基本としつつ、英語で好きなことを思いっきり話すレッスンをアクセント的に入れていくことで、形式ばらず実社会に通用する英語の表現能力を大きく高めていくことができます。

好きなことを英語で紹介する

オンライン英会話で好きなことを話す中でも、特にフリートークで話題にしやすいのは、互いの国の文化や流行、好きな映画・ドラマ・有名人、食べ物・食文化に関することだと思います。

例えば年末年始の過ごし方にしても、日本の帰省やUターンラッシュ、海外旅行に行く人の様子や初詣・初商いなど、ニュースサイトの画像や動画をSkypeで送って自分で説明してみたり、講師からの質問に答えてみるのも良いでしょう。

また、着物の着付けや浴衣、夏祭りや盆踊り、落語や漫才など、日本らしい話題を選んで紹介したり、外国人の方に説明してみたいことを身近な話題から選ぶのも良いでしょう。

お花見や紅葉を見に行ったり、雪でできたかまくらやお城などの名所旧跡、神社やお寺など、スマホなら外出先で通信しながら英語で紹介することもできます。もちろん、そこまでする必要はありませんし、自宅から対面式でレッスンを行って説明できます。

その一方、オンライン英会話の講師の方も含め、外国の方には、日本=フジヤマ・カブキ・ゲイシャなどの古典的なイメージよりも、映画・アニメなどのコンテンツや新宿・渋谷・秋葉原といった時代の先をゆくイメージのほうが強かったりもします。

オンライン英会話でも、世界的にヒットした映画・ドラマ・アニメについて説明したり、好きな俳優・アーティストなどを取り上げて説明するのも面白いレッスンになります。また、今の日本について流行から取り上げて説明するのも、英語表現の幅が広がります。

映画・ドラマのあらすじや、好きな歌の歌詞の内容を英語で説明してみたり、お気に入りの有名人のプロフィールや魅力、自分が好きなところを説明してみるなど、ひとつのテーマからさまざまな語彙やフレーズを駆使した練習を意識していくと、レッスンの効果がさらに高まります。

スポーツや文化に関しても、相撲、野球、サッカー、バレー、バスケや、絵画、小説、ゲームなど、日本で人気の高いものや、自分がはまっているものなど、1つの切り口からさまざまな内容を話していくことで、使える英語を増やしていくことができます。

オンライン英会話のフリートークでほとんどの講師が興味を持ってくれるのが、食文化や好きな食べ物に関する話題です。寿司などはもちろん、天ぷら、牛丼、とんかつ、焼き鳥、たこ焼き、お好み焼きなど、題材はいくつも挙げられます。

食べ物の話題はその材料、作り方、味付け、どんなときに食べるものか、どれだけ一般的なものかなど、ひとつの食べ物でもさまざまな観点から話すことになり、英語表現のバリエーションが広がりやすいテーマでもあります。

好きな話題をレッスンに使う注意点

オンライン英会話では、好きな話題を話すことが出来るフリートークレッスンを提供し、自分で自由に題材を持ち込むのもOKというサービスもたくさんあります。このレッスンの成否は、ひとつには講師選びがポイントです。

特に自由度が高いレッスンの場合、その学習効果は講師の特徴に左右される部分が大きいと思います。好きな話題を選んで話すのは良いのですが、あまり真面目すぎる講師や、その分野に興味の無い講師を選ぶのは考えものです。

オンライン英会話の講師選びでは、フリートークが得意かどうかや、専門分野、趣味・特技、関心があることなど、自分が受けたいレッスンに合った特徴で絞り込み検索できる場合が多く見られます。これをより良い講師選びに活用しましょう。

また、自分が話したい内容をあらかじめ想定し、それに応じて「こんなときはどう言えばよいのか」といった、必要な単語や表現を調べてリストアップしておき、実際にレッスンのなかでどんどん使っていきましょう。

自分が試した表現や発音、文法的な使い方に間違いがあれば、随時適切に指摘してくれる講師も多くおられます。講師からのフィードバックをレッスン後も再確認していけば、レッスンごとにどんどん使える英語表現の幅を広げることができます。

もしも25分のレッスンで、自分が話したり、講師からの質問に答えるだけでは物足りなかったり不安だという方は、YouTubeなどで検索した動画や海外メディアなどのサイト、テーマに関連する画像などのファイルを用意すると良いでしょう。

Web上の題材になりうるURLや画像などをSkypeのチャット機能を使って送ることで、講師と受講生が同じ題材を閲覧し、これに基づいて説明したり、質問に答えるといったレッスンが可能となります。

その一方、好きな話題で話すレッスンは、既存の教材で重要事項を学ぶというよりも、実際にたくさんの英語を話す体験を実感することに大きな学習効果があります。

オンライン英会話では、一般的なレッスンでしっかりと英語力を鍛えることも重要ですが、こうしたレッスンを退屈と感じたら、アクセント的に好きな話題を話すフリートークレッスンを入れていくと、単に楽しいというだけでなく、英語で話す量をどんどん増やす練習にもなります。

スポンサーリンク