オンライン英会話のメリット・デメリットやレッスン内容、講師の選び方、上手な活用法を取り上げたオンライン英会話の総合比較サイトです。

オンライン英会話ガイド

ベストティーチャー

ベストティーチャーのコースと料金

更新日:

ベストティーチャーのコースと料金

今回は、ベストティーチャーのコースと料金を取り上げます。ベストティーチャーのコースには、通常英会話コースと、TOEFL iBT、TOEIC SW、IELTS、英検、TEAP、GTEC CBTの各対策コースがあり、料金はそれぞれ毎月固定料金の定額制です。

ベストティーチャー:通常英会話コースと料金

の通常英会話コースは、月額12,000円(税込)という料金で、日常英会話やビジネス英会話を中心に、1000以上のレッスンが用意された人気コースです。

このコースはベストティーチャーの最も中心的なコースであり、月々の固定料金制です。1000以上のレッスンから任意に選んだ題材に基づき、まずは伝えたい内容や話したい話題を書き出すWritingレッスンを受けます。

書き出した内容は講師の添削を受けた上で、PDFファイルとしてダウンロードが可能であり、機械音声を利用したListeningやSpeakingの練習も可能です。こうして各自で練習を行った上で、この題材を利用する講師とのSpeakingレッスン(「Skypeレッスン」と呼ばれます)を受講します。

の通常英会話コースは、月々の定額料金自体は、一般的なオンライン英会話より少し割高です。しかし、与えられた既存の教材に沿って学ぶのではなく、自分で作り出した伝えたい内容に沿って英語表現を広げるという、Writingを含んだ英会話レッスンとしては、決して高いということは無く、至って妥当な適正料金と思います。

ベストティーチャーの資格対策コースと料金

には、TOEFL iBT、TOEIC SW、IELTS、英検、TEAP、GTEC CBTの各対策コースがあり、このうち英検に関しては、1級~3級までの各級に対応するコースが提供されています。

どの資格対策コースの場合も、月額16,200円(税込)という固定料金ですし、全てのコースで、先ほど紹介した通常英会話コースのレッスンも受講することができます。

このうちTOEFL iBT対策コースは、指定教材のうちSpeakingやWritingに関する問題に対応します。TOEIC SW対策コースも、指定教材のうちスピーキングモジュール、ライティングモジュールに対応します。

IELTS対策コースは、指定教材のうちスピーキングモジュール、ライティングモジュール、英検対策コースは各級に分かれており、各級の指定教材のうち英作文と面接に対応します。

TEAP対策コースはオリジナル問題に基づき、スピーキングモジュール・ライティングモジュールに対応します。GTEC CBT対策コースは指定教材のうち、Speaking Section、Writing Sectionに対応します。

このようにでは、全てのコースで通常英会話コースを選べるだけでなく、資格対策コースにおいても、月々の定額料金と指定教材だけで、WritingやSpeakingを中心にしたレッスンを受けることが可能です。

→に行きます。

スポンサーリンク

-ベストティーチャー

スポンサーリンク

Copyright© オンライン英会話ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.